FC2ブログ

戸隠 善光寺 諏訪に行きました。(・ω・)

戸隠も諏訪も その地域に昔から根差した信仰の形が残っていて
すごくいいなあと思いました。
戸隠では女人結界っていうのを肌で感じましたが 
穢れだとか後付けの理由ではなくて 女性が入ってはいけない本当の意味は
たぶん自然崇拝や山岳信仰の中では 理屈ではない当たり前なルールなのかな と思いました。
なので 今は女人禁制ではなくなっている場所でも とりあえず遥拝という形でお参りしました。
これは自分なりに礼を尽くすってだけなので 入っちゃいけないわけじゃないんですけどね。
 
諏訪大社っていうのは 地元の方に本当に大切にされているんだって
どのお宮にお参りしても よく分かります。
だからこそ 神事やお祭りも真剣なんですね。
 
長野の色んな場所がパワースポットとして取り上げられ始めてから
確かに訪れる人は増えたと地元の方も話されていました。
でもゴミが増えたり 環境が壊されている部分があるのも事実みたいですよ。
自分にいいことあるようにって行くのを止めはしませんが
自分のことにしか回らない気しか持てないなら
いい場所にいったところで何にも変わりません。
人の迷惑にならないようにすることから まずは始めた方が良くなれると思うですよ。(・ω・)
 
話はがらっと変わりますが 善光寺さんは形式ばった感じはなくて
当たり前にずっとそこに在る っていう安心感を与えてくれるところでした。
信仰心のある無いにかかわらず 日本人としての感覚っていうのを
ちゃんと思い出させてくれる場所だと思います。
参道にある丸精さんのソースかつ丼 最高においしかったです。(*´ω`*)
 
というわけで信州の旅は細かくは書きませんが 実り多きものでした。
ちなみに今週末の比叡山は台風くるみたいなんで 延期に決定しますた。


 
 
スポンサーサイト



家族。(・ω・)

今日は甥っ子のお兄ちゃんの方が お泊りにきています。
小学校一年生の弟くんは まだママと離れるのがつらいらしいです。(爆)
お兄ちゃんの方が ばあちゃんっ子なんだと思いますわ。
お兄ちゃんは3年生ですが うちのニャンコたちと遊んだりするのも楽しみみたいです。(^ω^)
 
うちは戸建てなんですけど 狭くてボロいんですわ。 ヽ(´ω`)ノ
その居間のちゃぶ台を片付けて お布団を敷いて ばあちゃんと寝ています。
環境的に快適さは無いと思うのですけど それでも ばあちゃんやニャンコの傍がいいんでしょうねえ。
 
3・11の地震があった晩も ここでこうして眠っていました。
あの日 パパは職場の幼稚園から帰ってこられず
ママは町内会の班長さんなので 近くのお年寄りの安否確認や
停電の対応で光源になるものを 配って回っていたりで
子供たちは うちで待機だったのです。
夜 ママが町内のお仕事を終えて戻ってきて雑魚寝しました。
 
余震が心配でみんなが寝付けなくなっちゃうので 私が地震速報の係で夜勤でした。(爆)
 
ああいう出来事を体験して 家族ってなんだろう?
家族だから支えあう 守りたい そう思えるリアルな気持ちを感じました。
 
今 甥っ子お兄ちゃんは真っ黒に日焼けした顔で グーグー寝ています。
どんなに不安や恐怖を感じた経験も いつか ばあちゃんのことと一緒に
彼の中の大事な思い出になるのかなあ…と
ちょっと しんみり考えた夜でした。
 
おちはございませんのです。(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

来週は。(・∀・)

8月26日の夜から28日まで諏訪に行きます。
留守で~す。(・∀・)
 
いつもすみません。
 
ついでに9月の2日夜から5日の朝も留守です。
比叡山に行きます。(・ω・)

昭和40年代の横浜で。(・ω・)

8月の半ばになると思い出すことがあります。
 
私が小学生のころって 毎年このくらいの時期になると
今年の9月1日くらいに 関東大震災がくるんだって って
まことしやかなデマが流れていました。
ホントに毎年ですよ。(´・ω・`)
 
防災訓練をやる時期でもあったんだと思うのですけど
逆におとなが不安に駆られていたようにも思います。
9月1日説以外にも 何度もデマは流れていました。
 
そんなある時の夏休み。
近所に住んでいた大工の棟梁が いつものこぎりを持って歩くことにした と
うちの母親に話しているのを聞きました。
なんでも大正にあった大震災の時に 家の下敷きになっちゃって助けられない人が多くて
そのせいで犠牲者が増えたので のこぎりがあれば挟まれたところから助けられる。
最悪 足の一本でも落とすことになっても 命は助かるからな って話してました。
 
子供心に (;゚д゚)…。 ってなったのを 鮮明に覚えています。
 
私の伯母は当時 川崎大師の近くに住んでいたのですけど
こういったデマが流れる度に心労が嵩んで 心臓を病んでしまいました。
川崎は住宅も密集しているし 何よりも工業地帯から遠くない環境にいたことで
良くない想像ばかりが膨らんじゃったんでしょうね。
 
私以外にも南関東では こういう感じで震災=すぐくるかも って
思いながら過ごしてきた人も きっと少なくはなかったでしょう。
今もそれは変わっていないし…。
 
でも その昭和の時代には 過去の災害としての関東大震災の教訓は
あまり活かされたものだった記憶はありません。
未だに大きな消防車が入れない細い道の奥にも家が密集していたり
きっと大きな地震がきたら危ないなあ と思うものが満載です。
 
今の世の中で こういったことを完璧に改善していくことは難しいのかもしれないですが
もし 起きた時にはこういう対処をします だから住民はこうして下さい レベルの取り決めくらいは
きちんとしておいた方が良いのになあ と思います。
 
戦争は回避することが出来るし 繰り返さないことで犠牲者を出すことはなくなります。
でも 天災に関しては 乗り越える術を見出していくしかありません。
 
どうか 今回の震災で亡くなられた方々や ご家族を失くされた方々のつらい経験を
次の天災で無駄にしないように していきたいですね。
 
明日は盆の送り火です。
遠く横浜から こっそり送らせていただきますね。

なつくさや つわものどもが ゆめのあと。



七夕まつりにお邪魔してきました。
山形の山寺に行ったり 平泉に行ったり盛りだくさんな旅でした。
 
画像は平泉の毛越寺の芭蕉の句碑です。
芭蕉がここに立った時に見た景色は 既に何代にも渡った夢のあとだったのかも。
 
東北で車窓からみる風景は どこも田んぼの緑が鮮やかでした。
日本が持っている豊かさですよね。
それすらも無駄にしてしまおうとする今の時代って やっぱり何か間違った方向に行ってるんだな とも思いました。
 
いつか芭蕉みたいに何代も後の誰かが 今の私たちの作った風景の名残に出会った時に 良い時代だったんだねって語られるようになりたいと思った旅でした。
 
盛りだくさん過ぎて 書ききれないので こんな感じで。(・∀・)
 
 
 
 

負け惜しみと言われないように。(・ω・)

最近 ツイッタ―で あるテレビ局が偏った番組編成をしていることを批判して
役者さんが事務所を解雇されたとか っていう話がありましたね。
彼が書いたブログや関連記事など ツイッタ―自体の書き込みも
一応出来る限り目を通してみました。
 
私は韓流とかぜんぜん興味ないし むしろ押し売り的にテレビで流れてくる
KPOPとかAKBとか どこの国の人がやってるかに限らず鬱陶しく感じます。
テレビ側が売りたいと思って出してくるものな訳で 必要な物とは違いますから…。(´・ω・`)
 
この役者さんの発言に違和感を感じたのは 彼も芸能人なわけなので
このテレビ局のこういうのは変だ! っていう前に
現状では自分という役者よりも 彼が忌々しく感じる番組の方に商品価値があると
その業界の中での判断があるから ではないのでしょうかねえ。
だから 私には負け惜しみにしか聞こえないのかもしれません。
大阪で浜村淳さんが同じような趣旨の発言をされたそうですが
面白いから使われている 面白くなければ使われない。
使ってくるからには それだけの魅力があって人が楽しいと思う何かがあるから
というようなことをおっしゃったそうです。
これは人を楽しませることが仕事という プロとしての意識が言わせる言葉かな と
私は素直に受け取りました。
テレビやマスコミの世界の裏側というのは そんなに清廉潔白なものだとは思いません。
でも そこを職業の場に選んだのなら やっぱり自分の力で勝負していくのがプロではないでしょうかね。
 
テレビがどんな番組を放送していようが イヤなら視なければいいわけです。
強制的に見せられてる訳でもないし 他に情報を得る手段だってたくさんあるでしょ?
今の状況が偏ってはいても 洗脳っていう言葉は適さない気がします。
彼は自分のブログの中で他にも 人に裏切られた悲しさや孤独 人間不信。
さらにマスコミに叩かれて鬱になったことなど カミングアウトされていました。
震災後に こんなことをしてたら日本はダメになるとも書いてましたね。
 
結局は個人的な鬱積を あるテレビ局が偏った番組編成をしていることや
ものすごく ある一部の芸能人を推していることにぶつけたに過ぎない気がします。
 
彼の意見に賛同する方は多いと思いますが 
結婚もしていて奥さまはご同業で 彼は自分が負っている物に関して
何かひとつでも責任を果たせるのでしょうか?
役者を辞めること=責任を取る にはならないと思います。
それこそ 負け惜しみで終わりです。
本当に人を感動させたり 笑わせたり 泣かせたりできる役者として
彼が思う日本の伝統的な番組を作って見せて欲しいですね。
日本が立ち上がるため ではなくて あなた自身がきちんと自分の足で立って歩くために。
 
 
 
 
 
 
プロフィール

きたがわらん

Author:きたがわらん






🐻アニマルメディスンカウンセラーの北川らんです。
悩みや不安への答えは、必ず自分の心の中にあるはず。
アニマルメディスンとビジョンクエストタロットを使って、問題解決のための道案内を致します。あなたの人生のオリジナルなストーリーを 一緒にみつけていきます。

著書に「アニマルメディスンブック」があります。(じゃこめてい出版)


対面によるセッション 電話 LINE メールでご利用いただけます。
夢の解読もメール 電話 LINEで承っております。通話でもテキストチャットでもOKです。
メールフォームより お気軽にお問合せ下さい。

対面でのセッションの際 都内までは交通費は頂いておりません。
ご送金の際にかかります手数料は お客さまのご負担でお願いしております。
電話は携帯からもご利用いただけます。


●LINEでちょこっと相談 LLINEチャットで短いご相談を承ります。ちょこっとなので 一回につき案件はひとつとさせて頂きます。月極で回数無制限の場合は メールセッション一往復に準じて3000円 一回限りの単発の場合は1000円とさせて頂きます。 


●アニマルメディスンによるカウンセリング
対面の場合は 時間無制限でワンセッション2万円です。


●対面でのセッション カウンセリング
時間制限なしで ワンセッション 10000円です。
メールフォームよりお問合せください。

●電話 LINE メッセンジャーでのセッション
30分3000円 それ以降は10分ごとに千円の課金となります。

●メールでのセッション 
1往復      3000円
2往復ワンセット 4000円
2往復の場合は結果についての疑問のフォローや別の案件などにもご利用頂けます。
ご用命の際にお申し付けください。

●トーテミズム アニマルメディスン インディアンの文化のベーシックなお話
継続した講座ではなく あくまで基礎の部分のお話です。120分程度のお時間を想定してください。LINE zoom メッセンジャーでご利用いただけます。画像が不要の場合は音声だけでも可能です。
120分 12000円

カウンセラー 占い師など同業種の方のスーパーバイズ プロとしてアニマルメディスンについて学びたい 仕事として活かしたい方は別メニューになりますのでHPかメールフォームよりお問い合わせください。

あとは 何か答えが欲しい訳ではないけど とりあえず話したら気が済む 溜め込み過ぎて吐き出してしまいたいなど 使い方は自由です。メールフォームよりお問い合わせください。
鑑定同様 守秘義務がございますので 安心してご利用ください。


●特定商取引法に基づく表記●
1.販売価格(税込表記)

2.送料並びに購入に付帯する費用

ご送金頂く際の 手数料のご負担をお願いしております。
その他 対面の際の場所代に関しましては 折半でお願いします。
(カラオケボックスのお部屋代などです)


3.代金の支払い時期並びにその方法
●対面セッション 終了時に現金決済
●オンライン 通話 メールセッション ご利用後3日以内に口座にご入金ください。
ご希望の時間分のご利用料金をご入金ください。


メールセッションは納品後のお支払いになります。

ご利用後 3日を超えるご予定の場合 ご相談の際にお申し付け下さい。
ゆうちょ銀行 横浜信用金庫 いずれかの口座にご入金頂いただ形になります。

ご決済の期限を過ぎる場合 決済日を再び変更したいなどの場合は
お手数ですが その都度 ご予定をお知らせくださいませ。
お客様のご都合を優先させていただきます。
お客さまとの信頼関係を大切に考えて参りますので この点だけはお守り頂けたらと思っております。

4.商品の引き渡し時期
●対面 電話 オンラインの場合 お客様のご予約に合せ即日
メールセッションの場合 受注より48時間以内
長期不在の場合などは 納品時期をお問い合わせの時点で
予めお知らせ致します。

5.返品に関わる条件
商品の性質上 返品不可となります。
ご容赦下さい。

責任者氏名 北川らん
所在地 横浜市中区
その他詳細はメールフォームよりお問い合わせの際に おしらせ致します。



※記事の無断転載 転用は禁止です。

トーテムおみくじ
アニマルのおみくじです。
トーテムおみくじ
内容

Script by YnP
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
べあぱう
ランキング参加中

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
522位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
91位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

アクセス解析

この人とブロともになる

あしあと