帰ってまいりますた。(・∀・)ノ



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昨日の最終日は大阪に行きました。
今まで行ったことないのかというと 大阪府には何度もお邪魔しているのですけど
グリコの看板や法善寺横丁の水かけ不動さんとか 大阪の街中に行くのは初めてでした。
これだけ関西方面に行ってて お好み焼きも食べてないしグリコも見たことないの?(;゚д゚)っていうことで
大阪観光に連れてってくれたわけです。
 
前日の大峯山や吉野とのギャップも激しかったとですけど 東京の繁華街ほど疲れないのが不思議ですね。
もちろん人の多さというところでは 私的には同じくらいな感覚ではあったのですけど。
 
お昼ご飯を食べようということで 昼間から開いている飲み屋さん 千日前の正宗屋さんで
そこのお店のオリジナルなのかな カステラ っていうのを食べました。
残念ですが画像はないので 知りたい方は 正宗屋 カステラ で画像検索してください。
夕飯には ちゃんとお好み焼き食べましたよ。(^ω^)
 
というわけで 今回の旅は終了しますた。
旅先から携帯での更新だったので 細かいことはぜんぜん書いてはおりませんので
また後日 ぼちぼちお話ししていこうかとおもっちょります。
 
 
 
スポンサーサイト

大峯山に行きました。




 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今日は吉野の如意輪寺と大峰山に行きました。もちろん結界があるので 門の前までですが 圧倒的なお山でした。(・ω・)

今日 行ったところ。

 

 




 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今日は坐神社(いますじんじゃ)畝傍山口神社 大神神社に行きました。画像は大神と御神体の麓の狭井神社です。
画像の杉の木には白蛇さんがお住まいで
うんが良ければお顔を拝見できるそうです。私はお会いしたことはまだありません。
大神に行くと何時も
鳥居をくぐるときに
立ち止まって一礼する所作が当たり前にされていることにグッときますね。
今日の奈良は暑かった…。(´ω`)
明日は吉野 天河方面に行ってきます。

そんでは また明日。            

本末転倒。(・ω・)

大津のいじめ事件のまとめサイトを眺めていたら
加害者の親御さんの関係者という方のブログからの抜粋が載っておりました。
そこには 
子供は親を選べないというが 親も子供を選べない 
と 友人である加害者の親御さん寄りの人としての一文があったとです。
 
虐待されるような環境に生まれてしまった子供に対して
子供は親を選べない というのは使い方として ○ ですよね。
この場合の 親は子供を選べない というのは 子供を育てるのが親なので
親としての責任をすべてブン投げての発言ということで × なのですわ。
おまえらが勝手に作っといて選べないってどういうこと?(;゚д゚) って
まったく意味が分かりませんのです。
 
勉強が出来ようと出来まいと 運動が得意であろうとなかろうと
ひとりの人として育てることが親になった者の責任であり使命であるって
説明するまでもなく 普通にみんな知ってることかと思っていたので
この 親は子供を選べない っていう発想には (;゚д゚) でした。
 
加害者の子たちは いじめじゃなくて遊び ということを一貫して答えているようですが
これは彼らなりの正直な答えなのかもなあ と考えたりしました。
だって いじめてる側は楽しかったって思ってるわけでしょ?
遊び=楽しい なので 彼らの中ではウソではないんでしょう。
ただ いじめられた子は楽しいどころか地獄だったよ っていう
相手の立場に立って感じる 考える力が全く無い子たちなんでしょうね。
それはそれで教育ではなくて治療の範疇なのではないかと思ってしまいます。
どっか情緒がきちんと育ってないってことでしょうし…。
 
ともかく…。
周りにいた大人は親も親の友だちっていう人も含めて 本末転倒人生だと思いますよ。
親が子供を選べないなんて 浅はか過ぎることを堂々と言ってのけちゃうなら。
こんな人にも子供が居て親という立場で生活しているとするなら
子供じゃなくて親がどっかで躾なり教育なりしてもらってきてください。
それか 子供を作るのは止めて下さい。
いや マジで。(・ω・)
 
 

確定なおしらせ。(・ω・)

やっぱり27日の夜から30日まで お出かけしてきます。
出先は奈良 大阪 兵庫方面だす。
暑そうですな…。(´ω`)

意外な事実。(・ω・)


さっき このクソ暑い中 作業服を着た人が訪ねてきて
お隣の稲荷さまの入り口にある この前撤去し忘れた門柱を壊す工事をしますとのこと。
その話を聞きかじった近所の爺さんが 稲荷さまを壊すだぁ?冗談じゃねえぞ!と
唐突に怒りだしてしまいました。(・ω・)
作業着さんが冷静に説明して 稲荷さま撤去ではないことが分かって一件落着だったのですが
この話の中で意外な事実が分かりました。
 
この爺さんも この土地に越してきた時に聞いた話だそうですが
関東大震災の時に うちの割と近くまで津波で水が上がったそうです。
うちはけっこう山の上にあって うちからランドマークやらベイブリッジやらが見えますが
この山の中腹辺りまで水がきたそうです。
今でこそ埋めてあったりしますが 私が子供の頃は山の下にある町にも
小さいですけど川が流れていたりしたので 川に沿って水がきたのか
今は埋め立てられてしまったけど もっと近かった海岸沿いから上がったのか
確かにあるだろうなあ そういうこと という立地なのではありました。
 
その際に山の中腹にあった稲荷さまのすぐ下で水が止まったので
この山全体を守って下さるようにと 今の場所に移転されたのだということでした。
 
前に舞鶴に行った時に 同じように水を止めてくれた地蔵さまにお会いしましたが
まさか お隣の稲荷さまにそんな歴史があったとは思いませんでした。
ちょっとびっくらな午後でした。
 
おわり。(・ω・)

変わるとき。(・ω・)

今月末で このお仕事を始めるきっかけになった 
占いサイトさんを卒業することになりました。
これも色々考えた末ではあるのですけど 名前だけ残しておいて
そこではお仕事をしている実態が無いというのも 会社にもお客さんにも失礼だと思うので…。
 
大きな理由としては サイトで仕事をするのが効率的ではない ということと
自分のスタイルとシステムが合わなくなった ということかもです。
例えば短い時間 15分の中でテキスト形式の鑑定となってしまうと
たぶん自分がやったらやっつけ仕事になるか 内容的にも不満が残ると思うですよ。
メールも ご相談があって 鑑定して さらにその内容への疑問などにお答えして
私の場合はひとつの案件として完結なのですが ご相談に鑑定だけ送って終わりっていうのが
どうにも消化不良気味になっちゃったりなんですね。
この辺は直接ご依頼を受ける限りは 自分の裁量次第なので
自分にもお客さんにも納得してもらえる形が出来るし この自分のやり方に慣れちゃったのも大きいかも。
 
自分でやっている限りは大規模なシステムを使うわけでもなく
価格的にも抑えた設定にすることが出来るっていうことと
今どきは携帯電話なんかでも無料通話のサービスがあったりするので
お客さん側の負担も やり方次第では軽減できる部分もあったりすると思うし。
 
要は中間の問屋さんを抜いた 産地から直接販売するみたいな方向に
仕事の在り方を変えた ということだと思ったりしております。
 
ただ これにもリスクはついてくるとですね。
窓口が自分しかなくなるです。
ある意味 大手のサイトさんだと 色々なキャリア対応だったりするので
そこでお仕事をすれば 窓口は大きく広がるんですよ。
これは大手の量販店に品物を並べてもらうとか
カタログショッピングに載せてもらうとかと 同じ効果があるんでしょうね。
 
ただ 自分にはどう考えても商売人としてのセンスが欠けているし
集客だとか営業的なことに関しても その方面に努力するっていうことも
なかなか難しいのは重々承知しておるのですが
細々でも続けて行かれるように 頑張ろうと思っておりまする。
お店を構えることは今後も無いですし 経費が増えればそれが値段に乗せられるっていうのは
もう仕方がない構造ではあるので 極力こじんまり身の丈で続けられればなあ と思うのでした。
 
そんなこんなな私ですが これからもどうぞ よろしくお願いします。(´・ω・`)
 
 
 

10万年後への課題?(・ω・)

今日 今年初めての蝉の声を聴きました。
日中はホントに字のまんまの猛暑でしたね。
 
夕方のにゅーすでフィンランドでは森の地中に 使用済みの核燃料を埋めて保管するけど
それが安全なレベルになるまでには10万年かかる。
10万年後の人たちに それが危険なものであったことをどう伝えるのか?
その時に今の言語は通用するのか?という ちょっと方向違いな質問に 
思わず (´・ω・`) ってなってしまいました。
なんでも今から10万年前はネアンデルタール人の時代だったので
同じ感じで10万年後に地球で生活している人たちには
今の言語は理解不能であろう というのが質問の根拠だったようです。
 
今の言語がまるっきり通じない人たちが存在しているとするなら
現存する文明が一度すべて崩壊して 新しい生き物たちが誕生して
さらに10万年かけて進化した世界なんだろうと思ったりします。
そんな先のことを心配する前に 漏れちゃったらどうする? とか
そういうのは無かったんでしょうかね…。
日本だけじゃなくて原発を持ってる国にとって 核の廃棄物はホントに大きな問題ですね。
 
申し訳ないとは思うのですけど 私の中ではせいぜい甥っ子たちの子供の世代。
要は孫にあたる世代くらいまでの心配しか目先が利きません。
10万年ともなっちまうと 地球があるのかどうかすら分からないと
既に想像できる範囲を超えてしまっておりました。
 
先日 英国のなんかの機関がUFOが地球に飛来する目的の可能性のひとつが
観光なのではないか と発表したという記事がありました。
宇宙人の人たちが割と呑気に観光に訪れてくれているなら
こういう難しい問題の解決方法についてのアドバイスをもらいたいなあと
割と真剣に思ってしまったりするのでした。
この際 頼れるものは宇宙人でもお願いしたい と思っております。
まあ 目的が友好とか親善とかじゃなくて観光だから
その辺は望み薄かもですね。(´ω`)
 
とくだらない深夜の妄想でした。
 
おわり。
 
 
 
 

おしゃれとお行儀。(・ω・)

やっと夏風邪も抜けてスッキリしました。
食欲もモリモリということで 昨日は近所のファミレスに行ったのですけど
どうにも気になることが。
 
最近 おしゃれな人たちは ハットやキャップといった帽子を被ることが多いようですよね。
でも… 食事の際や人とあいさつする際には 帽子を取るのがマナーだと
この歳になるまで私の中では 当然のように思っておりました。
 
帽子を被ったままでゴハンを食べる?(`・ω・´)  あり得ないわ と思う人たちを
何組か見かけたのですわ。
野球の選手があいさつの時には帽子を取る そこまでしなくても手をかける仕草をするとか
日常の中でも見てると思うし 洋画でも邦画でも 帽子を被ったままで食事をする場面って
あまり良い風には描かれていないとは思うのですよ。
一昔前の軍人さんが出てくるような映画を見たら その辺のメリハリというのか
帽子の着脱ひとつですけど そこには人に対しての礼だとか
場面にあったお行儀というのが きっちり見て取れるはず。
 
どうでもいいことなんですけど ゴハンの時には帽子を脱げ (`Д´)ノ って
ものすごく気になっちゃったので。
うちのおばあちゃんなんかは 部屋に入ったら帽子脱げってよく言ってました。
行儀悪いよって。
今は屋内施設も多いですから そこまで徹底しないとしても
食事や挨拶 そういう場面では考えた方が ホントにおしゃれさんだと思うのですけどね。
 
まあ おしゃれさんじゃない私が言うことですから 何の説得力も無いわけですが。
というわけでオチはございませんのです。(・ω・)
 
付け足しですけど 神社やお寺での参拝の時も 脱帽は当然の礼儀です。
神社では拝殿の中に入らなくても 鳥居をくぐる時点で一礼。
お寺でも 少なくともお賽銭箱の前に立ったら脱帽 お堂に入ってのお参りなら当然のことです。
これは知らないと恥ずかしい常識線ですよ。
 

おしらせ。(・ω・)

7月28日から30日まで たぶん留守にします。
たぶんで すんません。(・ω・)

蜘蛛の糸

夏と言えば素麺。
素麺と言えば揖保の糸ですが
今朝 テレビを視ながら思い出したのは 芥川龍之介の 蜘蛛の糸でした。
 
お釈迦さまが 生前ひとつだけ善いことをした悪人に極楽から蜘蛛の糸を垂らして
地獄脱出のチャンスをあげる という向きのお話し。
悪人が生前した唯一の善いことは 蜘蛛の命を奪わなかった ということ。
そこに この悪人の中で小さくなっている 良い部分を見出して
チャンスをあげたわけですね。
でも 自分だけ助かりゃいいんじゃ!(`Д´)ノ という また自己中な気持ちが顔を出して
結局は蜘蛛の糸は切れて 再び地獄に真っ逆さまという結末でした。
 
何を視て これを思い出したのかっていうと 大津のイジメ自殺の件です。
オトナも苛めた当事者の生徒も 苛められた子の自殺 という出来事から
我先に逃れようとした結果 蜘蛛の糸が切られて全てが露見することになったのかもなあ…。
この蜘蛛の糸が更生や責任を引き受けて生きる という可能性なら
自らその道を閉ざしたのが今なんでしょうね。
 
これからまだ色々なことが分かって イジメの加害者は裁かれるのか
その保護者は社会的な制裁を受けるのか 事態は展開していくことでしょう。
その時に もう一度 蜘蛛の糸が垂らされることがあるのかは
ご本人たち次第というところなんでしょうね。
今のところは生きるも地獄 死しても地獄ということかもしれません。
でも 人をひとり抹殺したなら 生き地獄を味わうのは当然の報いかも。
その中で何を見出すのか イジメ加害者の生徒が心底腐っていなければいいなと思いました。
だって腐ってたら 反省も後悔もしない 苦しみの無い人生になっちゃうでしょ。
恥を知らないのは そういう意味では幸せなのかもしれませんが
生きて償うことの大変さを 身を以て感じて欲しいもんですね。
(*´・ω・)(・ω・`*)ネー
 

どっか行きたくなってきた。(`・ω・´)

今年に入ってから あまり精力的に遠出していないとです。
いちばん最近が九州に行った時だったかな。
そろそろ どっか行きたくなってきました。(`・ω・´)
 
西国巡礼の一周目の時は けっこうマメに動いてましたっけ。
私が好きな札所ベスト3を挙げるなら 竹生島 成相寺 松尾寺 かなあ。
他のお寺も もちろんいろいろな思い出があるのですけど
特に自分の中で印象に残った出来事があったからかもしれません。
 
竹生島は 何とも言えず元気が出た! というのか 短い時間しか滞在出来ない場所なのですけど
得る物 感じる物が多い場所だったりします。
人が重ねてきた時間の重みというのか その中で犯した過ちの重さというのか
今の時代だから過ちと言えるけど そういう時代の運命に生きた人の存在を濃く感じるところです。
 
成相寺は何度かお参りさせて頂いてるのですが ある時 庫裡にしまわれていたお像が
お堂にお祀りされていたことがありました。
大威徳さんだったか どなただったか五大明王さんのおひとりだったと思います。
そのお顔がどうしても憤怒の相に見えず 何ともやさしい明王さまだわ(*´ω`*) と見入っていたら
隣では怖い顔だね と感想を漏らす方も…。
仏像って見る人の数だけ感想があるんだな と実感したお寺でした。
今はもう拝観させて頂けてないかもです。
 
そして松尾寺。
ここの札所本尊は馬頭観音さま。
33カ寺の中で唯一 馬頭さまをご本尊としているお寺です。
このお寺の山門をくぐった瞬間の出来事だったんですけど
今までよく頑張ったな って ものすごく労われた感覚があって
なぜか涙してしまったとです。
一生懸命よちよち歩きで 何とか目的までたどり着いた小さい子を
褒めてくれたお父さんみたいでした。
アタマの上に白いお馬をちょこんと乗っけて 男前なお顔立ちのステキな馬頭さまでした。(*´ω`*)
でもね ご本尊は超秘仏なんでお前立の方としか ご対面出来ないのでした。
 
という そんなこんながありまして 一週目の西国巡礼は既に結願しているのですが
二週目に入ったころに和歌山の方で水害があったりで 今のところはストップしています。
また ぜひお出かけしてお参りしたいです。
 
去年の夏は仙台の七夕まつりに行ったし 塩竈神社や大崎八幡さまにもお参りさせてもらったなあ。
山寺でジョーンズと有吉くんが俳句書いてた場所にも行ったんだわ。
今年の後半はアクティブに頑張ります。
 
なんていう どうでもいいことを書いたあとに ふとヤフーのトップページを見たら
「震災から今日で1年4か月」の文字。
月命日にあたる方も たくさんいらっしゃるんですよね。
こんな時間ではありましたが へぼいお経でお祈りさせて頂きました。
どうぞ 魂が安寧でありますように。

きょうはおやすみ。(*´ω`*)

 
それはネタがないから。
ごめんね。(*´ω`*)

苛めた側の実名が分かっちゃった件。(・ω・)

大津のイジメによる中学生の自殺が 改めて世間の関心を集めることになっていますね。
某テレビ局が資料の名前を黒で消し切れていなくて 透けて見えてしまったとのこと。
それでネットの世界では どこの誰かから家族から何から調べられちゃったようです。
 
この加害者側の親御さんは 疑われて自分たちが被害者だと
あんな形で死なれて迷惑してる とうようなことをおっしゃったとか…。
 
自分たちの人権を侵害するのは止めろとも。
 
この前の自殺を止める権利の話でもありましたが 権利を主張するには責任を果たす。
これが大前提ですよね。
この場合の責任とは何か? といえば いじめて他人を死に追いやったことに対して反省し償うこと。
やったことに対して自分が責任を負って 初めて権利って主張していいんだよって
小学校くらいで習わなかったでしたっけ?(・ω・)
 
自分の子供に責任ある行動 言動を教えられない親だから
こんなクソみたいなことを 恥ずかしくもなく平気で言えるんでしょうね。
 
北斗の拳っていうマンガに出てくる ザコの悪役がこんな風だよなって思いました。
相手が自分より弱いって思えば徹底的にいたぶる。
自分より強いって分かれば 恥ずかしげもなく命乞いをする。
所詮 ザコ程度の教育しか出来ない大人としか関われなかった不幸な子たちなのかもですね。
 
今までもずっと思ってきましたが 在る程度 自分のアタマで分別がついて
やってしまったら法で裁かれること 人としてやってはいけないことなどが分かる年齢なら
実名報道 顔出し すべてOKで良いのではないですかね。
確かに更生の可能性がある未成年者もいるのは分かります。
ただ 可能性だけに掛けて良い程 今の世の中には性善説は通用しなくなってるかも。
顔が出され名前が知れて 罪を償ったあとの人生は大変かもしれません。
でも その大変さを知ることが 法で裁かれた以上の償いになるはず。
刑期が終わったから赦された。 
そんな勘違いも甚だしいやつらに更生はありません。
あとね 嗜好からくる犯罪や根本の物事の捉え方に問題があることが根拠の犯罪については
更生も矯正も無理だと言われていますよね。
そういった人たちも社会の中で 再び同じように生活をすることになります。
だからこそ 実名も顔出しも ある種の抑止として必要なのではないのかな。
それが責任の取り方だと思うのですけどね。
 
とりあえず苛めた当事者=犯罪者としては まだ扱われていないようですが
人をひとりこの世から抹殺した罪は 法が裁かなくても
必ず報いは受ける日はくるでしょう。
むしろ そうあって欲しいと思います。
 
大昔の未成年と今の未成年。
メンタリティーがぜんぜん違うのに 少年法なんて合うわけないよね。
(*´・ω・)(・ω・`*)ネー
 
 
 

考えた末。(・ω・)


もし 私が今の住まいから引っ越すことになったとき お隣の稲荷さまのお世話をする人がいなくなります。
勧請主の地主さんちは まったくやる気なしだし 既にそういうこと出来るだけの人も残っていない模様ですし。
 
普段から先のこととして色々考えてはいたのですけど 結論は引っ越しはしないか 社の中のキツネさんも全員一緒に引っ越しして頂くの2択でした。
この社に稲荷大明神さんを勧請した時に頂いたはずの掛け軸みたいなのはありません。
たぶん戦災で前の社が焼けちゃった時に焼失したまんまなんでしょう。
 
なので 今はご眷属のキツネさんのお人形だけという形なのですが 形はなくとも稲荷さまもご一緒に
お引越しして下さるなら ここに残して行くようなことはしません と一応 意思表示をしてみました。
私は専門家ではないので こういうのがアリなのかどうかはわかりません。
ただ 放置するっていうことを避けたいので 方法として一緒に引っ越しはどうか?という
提案をしてみるしか知恵がありませんのです。(´・ω・`)
 
でも なんだかそれでOKみたいなので もし 私が今の住まいを離れるような事態になったら
隣のお社の皆さんも一緒に転居して頂こうと思います。

 
ちなみに上の画像のキツネさんたちは奈良の源九郎さま
下のネコちゃんたちは大阪の住吉さんの稲荷社のネコちゃんです。
きっと こういうことに関わらせてもらったのも 
いいご縁を頂いてるということなんでしょうね。
なので 自分が出来ることがある限りは お世話させて頂きたいと思います。
 
だからなんだという訳じゃないんですけど
もうね 地主さんの承諾を得るとかどうとか
そういう感じでもないので そういう事態になった際には
黙って強行しちゃうつもりでおります。
 
おわり。(・ω・)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

短冊のねがいごと。(・ω・)

近所のすーぱーに たなばた用の笹が飾ってありました。
子供たちが自分のお願いを 色とりどりの短冊に書いて吊るしてあるのですけど
 
よいこになりたい。 
かめんらいだあいちごうになりたい。
おしゅうじのいっきゅうになりたい。
 
なんていう感じのがたくさんあって面白かったのですけど
 
一枚だけ割ときちんとした字で書かれた短冊には
 
母がわたしを好きになってくれますように。 と書かれていました。
 
この子にとって短冊を書くことで 何か違う親子関係を作れるように!っていう
すごく率直なきもちを外に出したのでしょうね。
もちろん無記名でした。
 
 
たくさん下げられていた短冊の想いや願いが 織姫さんと彦星さんに届くと良いですね。
本当に 届いて欲しいと思わずにはいられませんでした。
だって これはこの子たちが夢見る 希望する明日だから。
その明日に一歩ずつでも近づけるようにと 陰ながらお祈りしておくこととします。
 
(*´ω`*)

似ている体験。(・ω・)

最近 2ちゃんねるのまとめサイトで 自分と似ている経験をした人の話を2つ読みました。
どちらの話も地域的には かなり離れた場所での出来事でしたが
詳細な部分は違っていても いちばん印象に残った物は共通で
それは 祭囃子のような音 です。
 
その体験をした当時 私はあるお年寄りの施設で働いていました。
8月頃の暑かった時期だと思います。
夜勤の休憩時間に屋上に出て 缶コーヒーを飲んで一服しながら
友だちとPHSでおしゃべりしていました。
0時半過ぎだったと記憶しています。
 
話し始めて10分くらい経ったころ 遠くから太鼓やら笛の音と人の声が聞こえてきました。
当時の職場はすぐ近くに大学があったので 近隣には大学生も多く
またS大のやつら こんなに遅い時間まで騒いでやがるわ。(`Д´) と
ちょっと腹立たしい気持ちになりながらも 特に気にせずに話し続けていると
音がだんだん大きくなってきてるんですよね。
同じ位置でボリュームを上げて大きくなる っていうのと違って
近づいてくるのが分かる だんだん大きくなる感じに違和感を感じました。
たぶん電話の相手にもバックノイズとして聞こえているだろうくらいに思ったので
この変なお囃子みたいの聞こえてる?って尋ねたら
こんな時間にお祭りなの?(´・ω・`) と不審げな様子。
そんなこんなしている内に 音が自分と並行な位置からすることに気づきました。
建物の屋上と同じ高さから近づいてくる音に (・ω・)? ってなりながら耳を澄ませると
お経のような念仏のような囃子言葉のような 気味の悪い歌 が声の正体でした。
しかも気配は行列という体を成している模様。
このままだと ちょっとダメなんじゃないかしら…。(;゚д゚) と急いで電話を切って
自分のフロアまで逃げるように戻ったのですが…。
ステーションに居た同僚の顔色がすぐれないので 今自分が体験したことを話すより先に
具合悪いの?と訊ねたところ 外線で電話が入ったので取ってみたところ
う゛ぁぁ…っていう短いうめき声がして電話が切れたとのこと。
そりゃあ夜勤中に脅かしてやろうっていうイタズラなんじゃなの?って言ってみたのですが
外線からかかってきたけど電話の機能で見られる着歴には番号が残っていなくて
着信時間だけが表示されていました。
ふたりで (っω;`。)スンスン  ってなりながら夜勤をこなし
なんとか朝の引き継ぎまで乗り越えました。
 
オチもなにもない話なのですが このお囃子のような音 を聞いたっていう体験は
日本全国にあるようなんですよね。
姿を見た訳ではないのですが 昔の葬式行列のようなものを
自分の中では想像していたりしました。
後日談なのですが 入所していたあるお年寄りが他の人の夜勤中に
時々なんだけど 夜に窓から外を見ると浴衣で踊ってる人たちがいるのよ…。
でも 私がおかしいって思われたら困るから他の人には言わないでね と話されていたようです。
毎日見える訳ではなくて 時々 そんな物を見かける程度らしいのですが
その話がどういう訳か申し送りに乗ってしまい 不穏 というひと言で片づけられておりましたが…。
 
この音についての体験をしたシチュエーションは まとめサイトの物と比較すると
それぞれがバラバラで共通項はないのですが 
日本の風土に根差した何かがあるのは間違いないかもです。
ちょっと思い出話しでした。
 
おわり。(・ω・)
 
 

7月ですね。(*´ω`*)

今年も折り返し地点を通過してしまいました。
もう夏ですね。
暑い日も増えてまいりました。
 
先日の首相官邸前でのデモ行進を ニュースでみました。
なんか違和感あるなあ と思ってたのですけど
少し時間が経ってたどり着いた違和感の正体は 「目的は何?」という疑問でした。
 
何万人集まったのかは 各所の発表ごとに違うようですが
その中のどれだけの人が 再稼働を止めた後のことにまで
自分の考えを しっかり持っているのだろう?って
集まった人たちへのインタビューを見てて思いました。
原発を止めてから完全に廃炉にするまで 止めて廃炉に至るまでに出る放射性の廃棄物。
これらの処理やら何やら含めて 今の時点で止める意味 は何だったのでしょう?
ベルリンの壁崩壊やら中東の春やら 民衆が国を変えたっていう
ドラマティックな場面を目にしてきた日本人が 自分たちも!って血気に逸ったようにしか
私には受け取れませんでした。
本当の当事者であろう近畿地方の人たち 原発を抱える自治体の人たちと
同じ声には思えなかったです。
もっと複雑に色々な意見があって当たり前だと思うし
デモに集まった人たちの声が 民意 であるというなら
それは単なる傲りにも感じます。
答えが合ってて式が分からない算数そのもの と思いました。
答えは誰でも知ってるけど そこに至るまでのプロセスを大事にしないと
結局は何も分かってないのと同じだと思うのですけどね…。
フェイスブックやらツイッターでの呼びかけが人を集めた と言われていましたが
この媒体で集まる人たちが どれだけ深慮していたのかは謎です。
まあ このツールが好きじゃないから そういう穿った視方になるのかもしれませんが…。
 
大飯原発は再稼働しましたが これが永続的なものではないであろうし
この間に対策を講じることが大前提でのことだと思います。
 
電車に乗りパソコンや携帯電話を駆使して行われる反原発デモ。
揚げ足取りと言われても仕方ないですが 所詮は他人事なのではないのかなと思いました。
自分たちの声で原発を止めた っていう シンボリックな出来事が欲しいのかもしれませんが
そんなにそこの浅い話ではないような気がします。
使用済みの燃料やら何やらの安全な処理方法を いち早く確立できるようにと願っております。
 
オチも何もありませんのです。(・ω・)
 
 
 
 
プロフィール

きたがわらん

Author:きたがわらん
悩みや不安への答えは、必ず自分の心の中にあるはず。
アニマルメディスンとビジョンクエストを使って、問題解決のお手伝いを致します。
その他 アニマルメディスンによるセラピー カウンセリング よろず相談もお受けいたします。あなたのトーテムアニマルをお伝えすることもできます。
対面によるセッション 電話 スカイプ メールでご利用いただけます。
夢の解読もメール 電話 スカイプで承っております。
メールフォームより お気軽にお問合せ下さい。

●対面鑑定 時間無制限でワンセッション10000円
家に何かいるか? 何か憑き物があるか?
対面鑑定の際 交通費は頂いておりません。
ご送金の際にかかります手数料は お客さまのご負担でお願いしております。そういった

●電話 スカイプでの鑑定 

30分3000円から 10分超過ごとに1000円加算

スカイプは音声 テキストチャット共に可能です。
電話は携帯からもご利用いただけます。
電話 スカイプでも亡くなった方とのコンタクトは可能ですが 相手方の状況などにより難しい場合もございます。ご希望の場合は 予めメールにてご確認ください。

●メール鑑定 
1往復      3000円
2往復ワンセット 4000円
2往復の場合は結果についての疑問のフォローや別の案件などにもご利用頂けます。
ご用命の際に どちらかご希望をお伝えください。

●よろず相談  30分3000円から 10分超過ごとに1000円加算

何か答えが欲しい訳ではないけど とりあえず話したら気が済む
溜め込み過ぎて吐き出してしまいたいなど 使い方は自由です。
鑑定同様 守秘義務がございますので 安心してご利用ください。
ただし エロ目的のお客様には不向きだと思いますので そちら方面をご希望の方は
しかるべきサービスを提供されているところをお探しください。

●特定商取引法に基づく表記●
1.販売価格(税込表記)

2.送料並びに購入に付帯する費用

ご送金頂く際の 手数料のご負担をお願いしております。
その他 対面鑑定の際の場所代に関しましては 折半でお願いします。
(カラオケボックスのお部屋代などです)


3.代金の支払い時期並びにその方法
●対面鑑定 鑑定終了時に現金決済
●電話 スカイプ メール鑑定終了より3日以内
(金融機関休業日を含む)
3日以上の連休の場合は翌営業日となります。
3日を超えるご予定の場合 ご相談の際にお申し付け下さい。
ゆうちょ銀行 横浜信用金庫 りそな銀行 みずほ銀行
じぶん銀行 いずれかの口座にご入金頂く形になります。

ご決済の期限を過ぎる場合 一度決めた決済日を再び変更したいなどの場合は
お手数ですが その都度 ご予定をお知らせくださいませ。
お客様のご都合を優先させていただきます。
お客さまとの信頼関係を大切に考えて参りますので この点だけはお守り頂けたらと思っております。

4.商品の引き渡し時期
●対面 電話 スカイプの場合 お客様のご予約に合せ即日
メール鑑定の場合 受注より48時間以内
長期不在の場合など 納品時期をお問い合わせの時点で
予めお知らせ致します。

5.返品に関わる条件
商品の性質上 返品不可となります。
ご容赦下さい。

責任者氏名 北川らん
所在地 横浜市中区
その他詳細はメールフォームよりお問い合わせの際に おしらせ致します。



※記事の無断転載 転用は禁止です。

メディスンおみくじ
アニマルメディスンおみくじです。
メディスンおみくじ
内容

Script by YnP
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

眠り熊の洞窟
ランキング参加中

FC2Blog Ranking

フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
1201位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
199位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

アクセス解析

この人とブロともになる

あしあと