ほんのちょっとですけど。(・ω・)

あんまり込み入ったことが出来ないので ちっちゃいおみくじパーツをつけてみました。(・ω・)
内容はアニマルメディスンです。

息抜き程度にお楽しみいただけたらと思いますです。


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

呪いとお罰の違いを考えてみた。(・ω・)

昨日の晩 テレビを視ていたら 呪い代行業のお仕事をしている人が出ていました。
文字通り 誰かを呪いたいというお客さんの代わりに なんかやるんでしょうね。

呪うってものすごく能動的で アグレッシブなもんですよね。
むかし ネイティブの師匠がやってたのをお手伝いしたことがありましたけど
準備から何から けっこうエグイことをします。
師匠はこういった向きのご依頼は一切受けない人だったのですけど
このケースに関しては 相手が法で裁かれることがなく 加害者なのに守られるという
ものすごく理不尽な状況にあって 被害者側は泣き寝入りするしかないという
色々と複雑な状況があったりという経緯があって 生涯一度だけという決意のもとに
けっこうハードは呪術を駆使されたです。
これはお罰を当てて頂くという向きのものではなく 正直なところ良くない物を差し向けるという
攻撃をしかけた訳ですね。まあ かなりきちんとしたことをやったので 
後々 成果を確認に行きましたが それなりのことが起きておりました。成功ですね。

私が日本に帰ってきてから 長い間 こういった向きのことからは敢えて離れていますが
この国で捉える例えば神罰 仏罰というものっていうのは 護らなくなる ということなのかなと思っています。
人間 どんなに不信心な生活を送っていたとしても 小さいころからお宮参りをしたり
七五三をしたり 初詣に出かけたり 節目節目には神仏にお目にかかっているもので
それなりの護りをして下さる存在が近くにいたり 見守ったりしてくださっています。

いちばんきっつい罰というのは あんたもうしらんよ。(・ω・) っていう三行半を突き付けられることかも。

みんなが気にする運だとか ツキだとかっていう部分を助けてくれているものが
一切がっさい手を引いてしまわれるのだから 自分っていう心細い存在だけでやっていかねばならなくなるですね。

なので 私の場合は呪詛はしませんが これこれこういう人がいるんだけど
手を引いてはもらえませんでしょうかね?(・ω・) っていう向きのお話をします。
人として当たり前のことが出来ないのに 護られちゃいかんでしょ? と。
どこかで改心することができたら またお願いします的な 保護観察を求めるようなお願いをしたりします。
もちろんご神仏はすべてお見通しなので 大概のことは通りますです。

これは呪われたんじゃなくて あなたが何の助けも得られずに好き勝手に生きた結果が出るだけで
不幸になっちゃいなYO!というお願いをしたわけではありません。自己責任の結果です。
そこまできちゃうようなら 自然と周りに感謝する気持ちくらいは芽生えると思うのですけどね…。
それも無ければ まあ 仕方ないので 何かに気づくまで流浪の人生を体験することになるのかな。

間違っても人に対して憎悪の気持ちを向けたり 人の手を借りてまで不幸を望んではダメですよ。
自分が間違った道に踏み込まず あとは神仏の領域の差配に委ねて
日々の生活をまずは楽しく大切にしてくださいね。
ネイティブの話に 青き精霊の道を歩くものは 善き導きを得る。
自分の目だけを信じて草の道を歩く者は 必ず道を誤るというものがあります。
なぜ精霊の道は青いのか?ですが そこは先人がやさしく正しい気持ちを持って歩いてきた
清められた青く光る道なんですね。
そして なぜ草が生えた道はダメなのか?ですが 要は草がボウボウ生えてる道は
どこにもつながってない ただの通り道なんだよねっていう話です。
その先には何も得る物はないよっていう結論のようです。

人を恨みたくなったり 排除したくなることも 生きてればあるかもしれないけど
そういった感情を人に持たせる人にかま
けている時間は勿体ないです。
あなたは あなたの青き精霊の道を歩き続けることで 充分しあわせになれるのですから
敢えて 道を間違っている人に気を取られずに まっすぐに自分の前に向かって進んで欲しいと
切に思いますです。

それと 最近気づいて けっこう衝撃的だったのは 古神道系の浄化は まっさらに無に帰す なんですね。
仏教的な浄化というと あるものを元の正しい状況に戻す っていう認識だったので
この まっさらになっちゃっうっていう祓い方に 一抹の罪悪感を感じたりはしました。
更生の余地なく消滅になるですね…。 いろいろありますが がんばります。

今日の戯言でした。ちゃんちゃん。(・ω・)



気ブログランキングへ


お参りツアー。(・ω・)

先日 書いていた お参りツアーですが 行きたいと仰って下さる方が
すでに三人いらっしゃったので このメンバーで決行したいと思います。(・ω・)

ツアーと行っても 一緒にお参りに行く ただ それだけなのですけど…。

お参りが済んだら またその時にはご報告しますです。


人気ブログランキングへ

お参りツアーを考え中。(・ω・)

今日は あることのお礼に 近くの熊野速玉さんにお参りに行きました。
帰りに そろそろお参りツアーを決めないとなあと思いながら帰ってきたのですけど
横須賀の走水神社さんはどうだろう?とか そんな感じで考えております。

私の主観で有名どころであっても 行くのはちょっと…(*´・ω・)(・ω・`*)ネー  というところもあったり
行きたいけど すごい遠いわ… (´ω`) という事情があったりで なかなか候補が決まらないとです。
横須賀なら割とイケちゃう距離だし 参加して下さる方が三名いらっしゃったら
うちの軽自動車でドライブがてらお出かけでもいいかなあ と思ったりしております。

時期的なことなのですけど せっかくだから12月の大祓に合せていけたらいいなと思っています。
っても12月の28日とか世の中は師走という時期なので みなさんお忙しいかなあ…。
今年のお礼と新しい年を迎える準備を兼ねてなら いちばん良いタイミングかと思うのですけど。

よかったらご意見をお聞かせいただけると助かりますです。


人気ブログランキングへ

岩木山神社の狛犬さんと清水観音さまのお馬さん。

おまけ編として  私がとっても好きになっちゃった狛犬さんを ご紹介しておこうと思います。(*´ω`*)

SH3J0162.jpg

こちらは社殿に向かって左側の狛犬さんです。 頭を地面に向けてさかさまに柱につかまっております。

SH3J0163.jpg

こちらは社殿に向かって右側 柱を登ようにつかまっております。

この狛犬さん 1694年ころの大造営の際に作られたもので 岩木山神社から4キロほど離れた石切り場から
半右衛門という方が600貫 今でいう2トンほどの石を運んできて 作られたそうです。
ひとつの岩から切り出して作られているので でかい塊を運んでこられたんですね。
その時の足跡が つい最近まで残っていたそうです。
そして 重たすぎちゃって 半右衛門さん 力んだあまりに目玉が少し飛び出しちゃったと
案内には書かれておりますです。

この狛犬さんたちが上下を向いているのは 陰陽的な意味合いなのかな?と思いますが
正しいことは分かりませんです。

そして清水観世音さまのお馬さんです。

SH3J0158.jpg

SH3J0157.jpg

ここに限らず お馬さんをお祀りしているところは沢山ありましたが
どこでもお手製のきれいな衣装を着けていらっしゃいました。 生活の中にお馬さんが根差していたということですよね。

今回 たくさんの場所を回ることができた訳ではないのですが お不動さまや観音さまをお祀りしていても
神社という形を取っているところが多く お寺も入り口には鳥居がありました。
私も ここに明確な線引きをしなくてもいいのになあって思ってしまう方なので
ここに行って手を合わせるっていうことだけが明確になっている とても自然な形だなあと思います。

だからなんだという訳ではないのですけど 私のお気に入りの みなさまを紹介してみました。(*´ω`*)


人気ブログランキングへ

白神山地方面編です。

恐山を後にしてから つがる方面に向かいました。

西目屋村というところにある ぶなの里 白神館というところを拠点に あちこち回りました。
今 ちょうどダム工事の真っ最中で その関係者の方々も多くいらっしゃいました。

西目屋についた翌日 さっそく秋田方面に向かい 白神山地の登山口を目指します。
十二湖登山口というところがあって まずはそこを下見です。

SH3J01450001.jpg

この池の名前は忘れてしまいましたが こういった感じの池が十二湖あるそうです。
その中でも有名なのが 水の色が薄い青に色づいて見える青池ですね。
そこでも写真を撮ったのですけど 諸事情あって削除してしまいました。
まあ どこもすごく美しい風景が広がっているので こんな場所だよということで参考までの画像です。

白神山地に入り登山ルートはいくつかあるのですが このまま十二湖の入り口から入ることになりました。
今回 私はまた面倒くさい事情があって 下で待機となるのですが
この十二湖入り口からだと 白神岳まで行くのは難しく 下から戻りの時間を伝えることが必要になり
待機で良かったという感じではありました。
お連れ様がヒイヒイ言いながら登っている間 ウロウロとその辺を散策して ぶなの木を眺めたり
売店でカレーパンだのウインナーロールを食べて 至福の時を過ごしましたよ。(*´ω`*)
14時ころに下山しなよ~って電話を入れて 下りれてくるのを待ちました。
丁度日の入りくらいには 登山口に戻ってこられるタイミングです。
案の定 ちょうど日が落ちる頃 戻って参りました。
この日は これで終わりです。別のルートから上がったとしても もっと早くスタートしないと
白神岳には到達できないことを知ったのですが また後日のリベンジを誓って宿に戻りました。
帰り道 運転しながらどっかで見た風景に似ている…(・ω・) と思ったのですが
ワシントン州の田舎の道にそっくりなんですよ。
そこは夜に運転していると ウサギやアライグマ スカンクなんかが飛び出してくるので
ここもそんな感じなんだろうと思いながら 気をつけて運転しておりました。
案の定 峠のきついカーブを曲がったところで ライトの中に仔だぬきちゃん登場。
あまり車が通る訳でもないようで ライトに驚いたようでした。
きょろきょろしながらビビっているので はやく渡っちゃいな~。(*´ω`*) と言いながらしばし停車。
仔だぬきちゃんの無事を確認して 再度出発。
無事に宿に辿りつきました。
その夜は 夜中に目が覚めるほどの雨音を響かせて 雨が降ってきました。

朝 起きると窓の外は青空なんだけど 急に雨が強く降る不安定なお天気です。
この日は つがる峠にある マザーツリーと呼ばれる 樹齢400年のブナの木を見に行きました。
その前に 宿から近い場所にお不動さんをお祀りしてある場所を発見していたので
ますはお参りに。

SH3J0147.jpg

SH3J0148.jpg

ここには乳穂ヶ滝という滝があって お不動さまや山の神さま 
稲荷さま 龍神さま そして弘法大師さん 薬師観音さまが祀られています。
冬になると滝が凍って 氷祭が催されるそうです。
崖の空間に祀られているお社は どれも大切に手入れがされていて 地元の方に大切にされておりました。

そのあと 車で5分ほどの岩屋観世音さまにお参り。

SH3J0155.jpg

この風景を見渡せる崖に足場が渡してありまして お堂に向かいます。

SH3J0149.jpg

SH3J0150.jpg

SH3J0151.jpg

ここには観音さまが祀られているのですが つがる巡礼の札所になっているようです。
たくさんのお札がおさめられていました。

SH3J0152.jpg

これはお堂から外を見た風景です。
この後 雪がやってきて このお堂を人が訪れることが難しくなっても
観音さまと空海さんは 静かにこの景色を眺めていらっしゃるんですね。
そうして長い時を過ごされているんだなと思うと ここにこのお堂があることが
地元の人にとって 心のどこかを確実に支えているのを実感しました。

その後 いざマザーツリーを目指して まずは暗門の滝付近の拠点を目指します。
その時点でガソリンの残量に不安が…。
観光案内所で聞いてみると 出発してきた宿よりも更に戻らないとガソスタはないということで。
いったん 車を満腹にして出直しという事になりました。
その際に道端に 清水観世音菩薩 という看板を発見。
お参りさせていただくことに。
ここも例外なく 崖のふちに舞台のようなものがあって お社が祀ってあります。
かなりの登りでもあって 下から遥拝させていただきました。
そこで出会った地元のお母さんが お参りしてくれてありがとね~♪と笑顔で言って下さったです。
やっぱり大切にされている この土地の観音さまなのでした。

そして いざマザーツリーに向かって出発。
ここで間違ってないっすか? (・ω・; っていう峠道を走って つがる峠のたぶんてっぺんに到着。
そこから歩いて山に入り 10分そこらで大きなぶなの木が目に入ってきます。
ここでも写真を撮ろうと思ったら 電源が落ちたので画像はないです。すみません。

そのあと 雨が更に強くなったのですが 暗門の滝を目指して行ったお連れ様を待って
のんびり時間を過ごして この日は終了です。

そして最終日 地元の一宮でもある 岩木山神社にお参りしました。

SH3J0159.jpg

SH3J0160.jpg

晴れていれば この向こうに岩木山が どーんと見えるです。

SH3J0161.jpg

この紙には お岩木山はみてござる と書かれています。
岩木山は地元の方々にとって 神さまなんですね。純粋な山岳信仰です。
どこに行っても必ず目に入る岩木山に見守られているからこそ 恥ずかしくない行動をしなさいよっていう
戒めだそうですが 日本人らしい いちばん自然な信仰の形だなあと改めて思いました。

そのあと すぐ近くの求聞寺というお寺にもお参りして これで今回の旅は終わりました。

細々したことを書けばキリがないのですけど 私の主観に依る話を多くなってしまうと思うので
純粋な旅の感想に止めて置こうとおもいます。

お世話になった青森のみなさま ありがとうございました。
ぜひ またお邪魔させて頂きたいと思います。(^ω^)


人気ブログランキングへ




プロフィール

きたがわらん

Author:きたがわらん
悩みや不安への答えは、必ず自分の心の中にあるはず。
アニマルメディスンとビジョンクエストタロットを使って、問題解決のお手伝いを致します。
その他 アニマルメディスンによるセラピー カウンセリング よろず相談もお受けいたします。
対面によるセッション 電話 スカイプ メールでご利用いただけます。
夢の解読もメール 電話 スカイプで承っております。
メールフォームより お気軽にお問合せ下さい。

●対面鑑定 時間無制限でワンセッション10000円

対面鑑定の際 都内までは交通費は頂いておりません。
ご送金の際にかかります手数料は お客さまのご負担でお願いしております。そういった

●電話 スカイプでの鑑定 

30分3000円から 10分超過ごとに1000円加算

スカイプは音声 テキストチャット共に可能です。
電話は携帯からもご利用いただけます。
電話 スカイプでも亡くなった方とのコンタクトは可能ですが 相手方の状況などにより難しい場合もございます。ご希望の場合は 予めメールにてご確認ください。

●メール鑑定 
1往復      3000円
2往復ワンセット 4000円
2往復の場合は結果についての疑問のフォローや別の案件などにもご利用頂けます。
ご用命の際に どちらかご希望をお伝えください。

●よろず相談  30分3000円から 10分超過ごとに1000円加算

何か答えが欲しい訳ではないけど とりあえず話したら気が済む
溜め込み過ぎて吐き出してしまいたいなど 使い方は自由です。
鑑定同様 守秘義務がございますので 安心してご利用ください。
ただし エロ目的のお客様には不向きだと思いますので そちら方面をご希望の方は
しかるべきサービスを提供されているところをお探しください。

●特定商取引法に基づく表記●
1.販売価格(税込表記)

2.送料並びに購入に付帯する費用

ご送金頂く際の 手数料のご負担をお願いしております。
その他 対面鑑定の際の場所代に関しましては 折半でお願いします。
(カラオケボックスのお部屋代などです)


3.代金の支払い時期並びにその方法
●対面鑑定 鑑定終了時に現金決済
●電話 スカイプ メール鑑定終了より3日以内
(金融機関休業日を含む)
3日以上の連休の場合は翌営業日となります。
3日を超えるご予定の場合 ご相談の際にお申し付け下さい。
ゆうちょ銀行 横浜信用金庫 りそな銀行 みずほ銀行
じぶん銀行 いずれかの口座にご入金頂く形になります。

ご決済の期限を過ぎる場合 一度決めた決済日を再び変更したいなどの場合は
お手数ですが その都度 ご予定をお知らせくださいませ。
お客様のご都合を優先させていただきます。
お客さまとの信頼関係を大切に考えて参りますので この点だけはお守り頂けたらと思っております。

4.商品の引き渡し時期
●対面 電話 スカイプの場合 お客様のご予約に合せ即日
メール鑑定の場合 受注より48時間以内
長期不在の場合など 納品時期をお問い合わせの時点で
予めお知らせ致します。

5.返品に関わる条件
商品の性質上 返品不可となります。
ご容赦下さい。

責任者氏名 北川らん
所在地 横浜市中区
その他詳細はメールフォームよりお問い合わせの際に おしらせ致します。



※記事の無断転載 転用は禁止です。

メディスンおみくじ
アニマルメディスンおみくじです。
メディスンおみくじ
内容

Script by YnP
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

眠り熊の洞窟
ランキング参加中

FC2Blog Ranking

フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
527位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
96位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

アクセス解析

この人とブロともになる

あしあと