FC2ブログ

すごい理想ほど矛盾が多くなるね


20200827_224140.jpg

先日の広島の原爆の日に たまたま目にしたゲバラの記事。
その次の日から たばこを変えました。
理由は安いからっていうのもあるんだけど ゲバラっていう人が惜しいなって思うことが多かったことを
あらためて思い出したからっていうのもありました。

もともと お医者さんだったけど いつからか革命と政治の世界に引き込まれて行き
キューバが落ち着いたあと 実質のナンバー2だったゲバラはキューバを去るんですよね。
そして 本格的にゲリラ活動を開始します。

その彼がゲリラ戦の最中 山中で読んでいたというのがトロツキーという人の本でした。
私は正直 革命とかゲリラ戦とか 政治的な思想に関心がないのですが どうしてこの人の本なんだろう?と思って
まだ 置きっぱなしにしていた トロツキーの本を読みました。

なるほどなあと思ったのは ふたりは境遇が似ていたと言えば 似ていたんだろうなっていうことでした。
社会主義の国ってトップはひとりでいいんですよ。
ナンバー2っていうのは 実際は必要ないというのか むしろ いらないんだろうということかと思いました。

トロツキーは暗殺され ゲバラも捕らえられ処刑されて命を落としました。

トロツキーさんの方は 事情も違うし国も違うし背景もちがうので まあ そういうことだよなっていうしかないのですけど
ゲバラには医師として生きる道もありました。 戦うんじゃなくて 命を救う側。
広島にきたときも資料館で この国の人は こんなことをしたアメリカに文句を言わないのか? と訊ねたそうです。
この時はすでに キューバのトップのひとりとして外交で来日していました。
私は この言葉は医師としてのゲバラが言ったものじゃないかな と思っています。
後の回想録に ゲリラになってから敵に奇襲攻撃を受けたとき 足元には弾薬を詰めた袋と医療セットの袋が転がっていて
どっちも持って行きたいけど 重くて無理だから弾薬を選んだ。 その時 医者は辞めたと話したとあります。
医者は辞められるけど 俺は辞められないとも。

この辞めたくない 俺 は 理想を追いかけるものだったんですね きっと。

でも それは 今までとは逆 人の命を奪う 自分の命も捨てることなんですよね。
処刑に際して撃つように命じられた兵士に お前はこれから人を殺す よく狙って撃て と言ったとか。
ホントは最期まで 命のだいじさって知ってたんだろうなと思うと ホントに他に方法はなかったの?って
惜しい気持ちになる人です。

宗教も思想もですが 理想的で崇高であればあるほど 私たちの行動は矛盾しますね。
理想のためなら何でもする そうなってしまうのも人間なんだろうなあとせつなくなったりしました。



人気ブログランキング
スポンサーサイト



月極はじめてみます。

a1380_000290.jpg


少しメニューを 改訂しました。
今 流行りのサブスクっていうのを ちょっと取り入れてみました。
私の仕事は本来 コインパーキングみたいな形で 必要で空いていれば使ってもらえるという形です。
でも 定期的に使いたいけど コインパーキングでいう 上限なし で 頻繁に利用するのはつらいですよね。
実際 私もクルマを停めるときは けっこう選んでますw
でも 年単位で駐車場を借りるほどでもないし ってなると 一か月である程度 使う頻度に応えられる形を考えてみました。

基本の営業形態はコインパーキングタイプなので その枠のいくつかを月極にする そんな感じで考えています。
定期のカウンセリング通話が月に三回 (一回 二時間まで)+LINE メールでのフォロー(随時)っていう内容で一万円にしてみました。
なので 今の状況を考えると枠は5つまでかなあ…。
なので とりあえず9月 5名ほどサブスクのご利用枠を作ってみます。

分からない点はメールフォームより お問い合わせください。
よろしくお願いします。




人気ブログランキング

いろいろ苦手なことがあるよ。

SH3J01450001.jpg

よく自分のいいところを 10個挙てみましょう みたいなセミナーがありますね。
もし 私がその質問をされたとしても たぶん ひとつくらいしか答えられません。
じゃあ その答えってなに? なんですけど まあまあ 自分を嫌いではない っていうことです。

すごい好きか?っていったら そうじゃないんだけど まあまあ好きだよ くらいな感じですね。

なんで まあまあ なのかっていうと 人に迷惑をかけない程度に存在していられるからです。

でも すごく苦手なことがいくつかあります。
ひとつは計算とか数字。 よく進学できたよなあって 自分でも思います。
数学が0点でも他の科目でカバーできたからって言われましたが 本気で0点とかよくありました。
この理由は学習障害です。おとなになってから アメリカで先生に指摘されて知りました。
それまで ただ数学が嫌いだとか 数学の先生を舐めていてやる気がないとか さまざま問題の種でした。
理由が もともと 数字を理解するのが苦手な脳なんだよっていわれてホットしました。
でも 周囲は数字っていうものの理解が なんで難しいのか わからないんですよね。
なので 間違っちゃったときには 学習障害があって数字がよく理解できない と正直に伝えています。
計算も一旦 文章や絵にして考えたり 図にして考えないと数式だけだと分かりません。
電卓っていうテクノロジーの恩恵を最大に受けているとも思うのですけど ちょっとしたときに時間の計算を間違ってたりします。
こういう理由で 細かい間違いがないように 端数が出ない方式で料金を決めています。
それでも 間違えることがあったりするので お気づきの際は申し訳ありませんが 間違ってんぞ!って教えてください。
すみません。(´・ω・`)

もうひとつ苦手なのが 人前に出ることです。
マンツーマンだといいのですけど グループを前に話したりするのが ものすごく苦手です。
できるだけ ひっそりしていたいと思ったりします。
本来 こういった仕事ってそれじゃあダメなんでしょうね。
でも 例えば10人の人に対して 須らく正解な答えを私は持っていないので その場で言い切ることができないんです。
知っていることを話すだけ 伝えるだけ それを10人が自分の中に それぞれで落とし込んでくださるならいいのですけど
これをすれば成功する! とか これで運が開ける! とか そこまでのものはなにもないです。
だから 必要としてくれる誰かがいてくれて ひっそりと仕事ができたらいいなあと ずっと思って続けています。
あと おしゃれさんじゃないっていうのも わざわざ人前に立ちたくない理由ですけどねw

それでも まあまあ そういう自分が嫌いじゃないんですよw
めっちょ自分に甘いわけです。
厳しくしたところで 治るもんでもないですし。
いかに この自分で 楽しくやっていくか? それだけなんですよね。

だからね 開運したいとか 成功したいとかじゃなくて 今よりもちょっと楽しくなりたい そんなところで
求めて頂けたらいいのかなと思います。
その ちょっとだけ楽しくしてくれる存在がトーテムたちで トーテムとのおつきあいの仕方がインディアンの智慧って
思ってくださいね。

なんで こんなことを書いているのかというと ヒマだからですw






人気ブログランキング

次回はカメだよ。

a0950_000280.jpg

次回のメディスンさっくり説明はカメです。

そこで ちょっとだけ予習。
ちょっとだけにしないと また紙芝居しないといけなくなっちゃうのでw

アメリカ大陸が発見されるよりも もっともっと昔の話です。
インディアンは自分たちが暮らしている土地を カメの島 タートルアイランドと呼んでいました。
でっかいカメの背中で 自分たちは生きてるんだよっていうことですね。

カメの甲らには 私たちが豊かに生きていくために必要な 大切な知恵がたくさん溜め込まれていて
多くの命を やさしく育ててくれるんですって。

なんでトータス(リクガメ)ではなくて タートル(ウミガメ)なのかですが 大きな海に浮かぶ土地だからです。
ただ トータスであってもタートルであっても メディスンは変わりません。

続きはまたw



人気ブログランキング

自由って すぐそこにあるんだってさ

20200824_021306.jpg

『自発的隷従論』 っていう ものすごく薄い本を読みました。
論文なんだそうですけど 短いこともあってエッセイみたいな感じで読みました。
これを書いたのは 当時 まだ16歳か18歳くらいの男の子です。

なんでこの本を読んだのかっていうと 私は例えば色々 規制がきつい国では暮らせないって思うことや
どうして この国の人たちって こんなに抑圧されても我慢してんだろう?とか 色んな疑問があったからでした。

特に 私にはどうも現代風の社会性というのが欠落しているので それが王様であっても天皇であっても総理大臣であっても
イヤなもんはイヤだね っていう思いが消えることがないんですよw
今も昔も 税金かける物だったり かけかただったり 集めたお金の使い方だったり あんまり変わらないですね。
なぜなのか 国の政治に携わる人たちは裕福になっていき 税金を納める国民は貧困化していく。
これが世の常なのかw っていう感想もあります。

ただ 最大の疑問だった なぜ私は この今の社会には馴染めないんだろう? という答えはみつかりました。
私は外に出勤して仕事をしている訳ではないですし ほぼ ひとりで動いています。
その中で関わる人との関係を 自然状態でとらえているから というのが答えでした。

自然状態というのは 君主がいて下々がいる という形ではなくて みんなの中でやってはいけないこと
例えば殺人であったり窃盗であったり詐欺であったり不貞であったり揉め事の類であったり そういった暗黙のローカルルールが共有されていて
もし 仮にそれを犯した場合には 相応のペナルティーを受ける そんな感じのコミュニティーというのか 人の集まりであるネイションです。なので 急に どっかのめっちょ偉い人がいるから あの人の言うとおりにしなさいねって言われても それは自分にとっては まったく自然ではない状態になるんですね。なので そういったときにも 相手に従うのではなくて 対等に向き合おうとするのも自然状態です。もちろん 相手がお客さんであるなら 礼を尽くすのは当然ですが ペコペコしたり卑下した態度を取りません。

この自然状態でのコミュニティーやネイションを例えるなら インディアンの部族の暮らしです。
長老など尊敬すべき人がいます。よき教師でもあって 自分の人生のお手本のような存在んですね。
こういう先人から受け継ぐこと 見て学ぶこと 教えを乞うことで 自分を育ててくれる環境なんですよね。
そういった環境が自分には合ってることを知ってしまっているので 戻れなくなっている というのが現状のようです。

まあ この本はそういったテーマで書かれた訳ではなくて 人はどうして独りの君主であったり王であったり
権力者に隷従するのか? というのが本題です。日本は議会制なので まったくの独裁者ではないのではありますが
一党独裁ということになれば 中国の共産党支配とあんまり変わらんよなと思ったりします。
国民から搾取して私腹を肥やすようなトップに不満があっても 人はそこに付き従っていきますよね。
そしてますます搾取はひどくなり 人々は貧しくなる。そして 個人の自由は奪われて行くのに 自由を求めなくなる。
もう自由なんていうものよりも 貧乏でもなんでも このまま暮らせてればいいやって諦めるわけです。
この若い兄ちゃんは そんなことを書いていました。
この隷従するっていうのを止めればいいんだよっていう 明確な答えも書かれています。
だれも従わなければ 結局は独りの強権支配は衰退して終わるということですね。
最近 ものすごく身近で見ている 何かを彷彿とさせる文章でした。

簡単に言えば イヤなもんはイヤなんだよ!って ちゃんと声に出して言うことです。
これが日本では選挙に当たるものですね。そのほかにもリコール制なんていうのもあります。
これを機能させるモチベーションを持てるのであれば 隷従 何かに支配されることは終わります。

私は極々 個人的に自然状態で暮らし続けようと思いますw
なので お仕事でもお友だちでも 関わってくださるみなさんとは フラットな関係を今までどおり続けさせてください。
ちなみにね 自然状態でいることは 相手を認め 尊重することなんです。
けして 存在を軽んじている訳ではないので そこのところだけ誤解なきようにお願いいたします。




人気ブログランキング

何を見てるのか分からなくなるって怖いね。

20200823_140216.jpg

『資本主義と奴隷制』 読み終わりました。
こういう本を読むとき 起きた出来事は当たり前だけど西暦で記されています。
ちゃんと学校で勉強してこなかった私は いちいち その時の日本って何時代?って調べながら読むので
読み終わるまでに えらく時間がかかったりします。

まあ そのおかげで さとうのふるさと の謎が解けたり いいこともありましたけど。

人間を輸出すること自体がおかしいし 船に乗せるのに単位を ひと山いくら的にトンという単位で数える。
資本主義の中での奴隷は いかにコストパフォーマンスが良い労働力を安くたくさん仕入れるか なんですね。
狭い船に詰め込まれ 二人一組で鎖につながれて アフリカからイギリス 東西インド諸島 ジャマイカ ブラジルなどに
連れて行かれます。その間 衛生上の問題 暴動 などで 無事に到着できる人数は もちろん減っていきますが…。
それは 奴隷船の船乗りも同じことなのですが 輸出 している側のイギリス人は 船員が無事に奴隷を運びますようにって
教会で熱心にお祈りしたともいいます。要は無事に奴隷が商品になりますようにってことですね。

この奴隷輸出システムを利益のために善しとしたのは 政治家や資本家だけではなく宗教家も同じです。
慈悲 慈愛 博愛を説く宗教家たちは 東西インド諸島の奴隷には布教はしませんでした。
だって 奴隷が置かれている環境には ないものばかりを教えることになっちゃいますから。
そこにある 矛盾 は なかったことにする そんなご都合主義なんですね。

アフリカから連れてこられた奴隷は 気性が荒い 頑固 従順 温厚でよく働く などの産地別の特性分けをされて
セリにかけられます。人間が人間をセリにかける。しかも 産地別に分けて。
この時点で奴隷は 人間ではなくて単なる労働力でしかなくて 働かせるための器具なんですね。

この本の表紙になっているような 奴隷のレリーフが施された食器を揃えて それで食事をしていた資本家もいました。
そんなんで メシ食ってうまいんかい!って つっこみたいところです。

この人たちの目には ただアフリカで暮らしていた同じ人間 には 見えていなかったんでしょうね。
砂糖を作る タバコを栽培する 単なる器具 機械 家畜と同じだったと思われます。
相手にも心や感情があるよ 人間だよって少しでも感じるのであれば お金よりも大切なもの が見えてきたはずなのに。

金に目がくらむって言いますが 人間ってホントにそうなんだなって ものすごく思い知りました。
目の前にいる人間は ただ金を産み出すための道具にしか見えない。
これって 資本主義で在る限り 今も変わらずに起きることなのかなとも思います。
日本にもブラック企業って呼ばれるものがありますし。


そりゃあ 食わなきゃ生きていけないのが世の中なので きれいごとだけじゃ済まないのは当たり前です。
でも 利益を貪ることと 自分が生きていくために必要な糧を得ることは たぶん同じじゃないはず。

この奴隷船の時期に同じように輸出されていた物は 象牙や毛皮でもありました。
言ってしまえば 嗜好品 贅沢品ですよね。 スポーツハンティングっていう文化があればこその嗜好かなと思ったり。
だって 人間に象牙って必要? アフリカの動物の毛皮も必要?
牙や毛皮だけ盗って肉は食べないの? 
寒い地域であれば 自分の地域の中で狩猟して 肉も毛皮も脂も すべてが必要で無駄にしないのに。

アメリカ大陸は移民の国になってしまいました。
それこそ新天地で一発当ててやろうっていう ヨーロッパの白人たちがやってきます。
その中には流刑者もいるし 年季奉公で雇われた白人もいました。
彼らは 奴隷 ではないので 年季が明ければ自由ですし 流刑者は勝手に開墾するし立場はぜんぜん違います。
しかも 国がお金を出さなくても 好きなように好きなだけ開墾していくので 政府としては これほどお得な話はありませんよね。
でも それだとプランテーションの労働力にならないし 利益を生まないのでアフリカから奴隷を 輸入 しました。

まず 先住民であるインディアンを 奴隷として使おうとしますが 彼らは当たり前ですが従いません。
だって自分たちの住んでるところに勝手にやってきて お前ら奴隷なって言われても納得いくわけがないじゃないですか。
インディアンは彼らの文化を尊重しないと いうこときかないし 働かないので殲滅すべし。
簡単に言うとインディアン迫害の理由は 白人が好む利益を生み出すプランテーションを作るのに邪魔だから。
そして 南部地方に綿花やタバコの栽培の労働力として 奴隷が投入されたというわけです。

この奴隷貿易の大本はイギリス。
産業革命を起こしたのもイギリスですが なぜかというと奴隷貿易が禁止されたから。
機械化によって 奴隷に変わって利益を生みだすものを作るっていうことですね。

これは ものすごい偏見だとは思いますが敢えて書いちゃいますけど 貴族だとか王室だとか 午後の素敵なお茶の時間とか
こういうものの上に今でも存在しているこの国が とても好きにはなれません。
まあ ヨーロッパっていうものを よく知らない無知な人間の戯言と読み流してください。





人気ブログランキング



あおむしくんのはなし 紙芝居w

チョウのメディスンにまつわる 昔ばなしです。


朗読は苦手だし ひとりでしゃべるのも得意じゃないので いきなり紙芝居という暴挙にでましたw

よかったらどうぞw

あおむしくんのはなし
     ↑
紙芝居に飛びます





人気ブログランキング

砂糖。

blog_import_50655cb444293.jpeg

横浜港に 横浜・さとうのふるさと って でかでかと書かれた物があります。
横浜で生まれ育っても その意味はまったくわからないし 興味もありませんでした。

ここしばらく 『資本主義と奴隷制』 っていう本を読んでいます。
暖かい地方で植民地とされていく土地で栽培される物は砂糖とタバコ。
タバコに関してはヨーロッパでも採れるので 競争原理でタバコ栽培は廃れていき 砂糖が利益を生む産物となります。
ただ 栽培して製糖して加工して出荷する ここまででワンセットなので コストがかなり嵩みます。
だからこそなのですけど 安くて補充がきく労働力としての 奴隷 が必要だったわけです。

これも単純に労働力というだけの話であれば 貧困層の白人 犯罪を犯した白人も労働力として数えられます。
ただ 移民希望者や年季奉公制 死刑からの減刑措置として未開の地へ送られるのが白人であって 奴隷制とは違うんですね。
年季が明ければ自由になれるし 流刑者は流刑者としてではなく 新天地で新しい人生を始められるわけです。
自分の土地を持つことも可能なわけで 奴隷 とは また違う存在なんですよね。
領土を拡大していくにあたって イギリスでは人さらいまで横行していたとも書かれています。
アイルランドの人を奴隷として 船に詰め込んでは送り込んだというのも事実です。
働けそうな人をさらっては未開地に送り込む そういったことが まあまあ日常的にあったという歴史ですね。
それは やがて犯罪として摘発されなくなりますが 代わりに合法的に安く働くいい労働の素材が必要になるわけです。
それが流刑であり 新天地での自由を餌にして釣る移民であり インドやアフリカから 輸出 される奴隷だったわけです。
これは砂糖を作るにあたってという話で アメリカ大陸の開拓やオーストラリアの開拓に関しては 白人の移民 流刑者の方が
送り込む側のコストがかからないし 好きなように開拓 開墾してくれるので上手いこと使われたみたいですね。
要は大きな農業プラントを維持するために必要な労働力を いくらでも補充できて 安上がりに使えて 永遠に逃げ出さないのが奴隷だったわけです。これはアメリカだと綿の栽培が主になるのかと思います。

この 横浜・さとうのふるさと の意味なのですけど 横浜港が開港した当時 日本が輸入した砂糖の80~90%は横浜港に
荷揚げされていたそうです。その後 アジア圏に植民地を持った日本は そこで砂糖を作るようにと命令を下します。
それが入ってくるのも 横浜港だったので さとうのふるさと ということなわけでした。

なんとなくですが 知らなきゃよかったな…っていう気持ちに 今なっています。
ふるさとっていうほど いいもんでもないような気もするし。

もともと ちょっと不思議ではあったんですよね。
日本って砂糖を自給自足できる土壌はなかったわけで 細々ですが てんさい糖や黒糖は作られていたようですが
精製された白糖は国産ではなかったような気がしていたわけです。
でも 横浜開港の時代には白い砂糖は日常に存在していたんですよね。
その生産地が 様々な思惑と事情を抱えた 西インド諸島などのプランテーションだったわけです。


まだ途中なので この先 どんなことが起きたのかは まだわかりません。
ただ まだ読み始めたばかりくらいの段階なのですけど 私たちが思いがちな白人は裕福で黒人は奴隷っていうことではなく
資本主義っていう世の中の見方では 人種や肌の色は関係なく 貧しい人は資本家のために いかに生産性を上げることに貢献するか?ただ それだけが 存在価値なんだなってことです。

そう考えると私とか無価値に等しいかもしれないなあと ちょっと背筋が寒くなりました。
暑いからちょうどいいですけどねw






人気ブログランキング

次の回は チョウ だよ。

SH3J0043.jpg

音声動画だけだと どうしても時間が気になって話しきれないので あらかじめの予習です。

次回はチョウのメディスンなのですが 生き物には完全変態と不完全変態という成長過程があります。
チョウの場合は完全変態に分類されます。
これって どこで線引きをされているのか?ですが 簡単に分けると蛹という期間を経るかどうか です。
幼生時代と成長してから 食べ物や生活スタイルが変わる生き物は多いですよね。
線の引き方が そこではないのは 蛹 という期間に起きる変化が大きいということです。
アオムシが蛹になり その中で起きている変化は 完全に別の生き物になるくらい大きいものです。

チョウのメディスンは 自分の色の羽を広げる と 今の自分に合った暮らしをする 背伸びをしない みたいなことです。

アオムシっていう幼い時期に おとなのチョウの真似をしたとしても そりゃあ無理だよっていう簡単な話です。
アオムシはアオムシとしての時代に できることをやる それが蛹の時期につながって 羽化するときには
アオムシのときに自分が何をしてきたのか? 何を考えて来たのかで自分色の羽を広げられるというわけです。

しゃべること ぜんぶ書いちゃったので これを音声動画にしないかもw

カエルやヘビ そして人間もですが それぞれ生まれて成長のプロセスって違いますよね。
有袋類なんかも同じように 生れ出たけど お母さんのポケットにまた戻ってみたり個性的です。

そういった成長過程のひとつとして チョウのメディスンを知ってもらえたらと思います。

そのうち しゃべった方が良ければ 懲りずに音声録ります。



人気ブログランキング




ご心配 ありがとうございます。

a0960_000568.jpg

また 相変わらず起きるのが遅かったのですけど スマホのLINEの着信がたくさんあって なんだ? と思って開いたら 明日の朝 横浜と東京で でかい地震があるそうなので 逃げてください とか 気をつけてください っていう ものすごく心配してくださる内容ばかりでした。
あ? そんな予定あんの? と思って 送ってくれた友だちのひとりに電話して訊ねてみたら どうやら そういう予言が流布しているとのこと。出所は某オカルトサイトだと。
予言者はスピリチュアルヒーラーで 神さまと交信していて情報を得たそうな。
なので 回避する方法はなく 『絶対』来るんだという話でした。
それをTwitterで知って 心配して連絡してくれたという顛末です。

ありがとう。気をつけるね。 そんな返事しかできませんでしたが なんともすっきりしないです。もし 神さまがそこまで親切に 人間の暮らしに干渉してくれるのだとしたら 今までの災害 直近だと九州や東北の水害 少し前なら阪神淡路の震災 東北の震災 熊本の震災など すべてに関して知らせはしないんだろうか? というのが私の疑問です。
こういった 予言 みたいなことや 神がかり的なことを生業にしている人を 単純に否定するつもりは毛頭ありません。そういった方を必要として信じることも 個々の自由だし昔からある商売ですから。
ただ ネットで流すって 果たしてどうなん? っていうところなんですよね。
ネットでたまたま目にした 予言 っていう情報ひとつで こんなに 私ごときの身を案じてくださる方々がいる。それだけ 人の不安を煽っているっていうことかと思うと ものすごく腹立たしい気持ちになるのと 過去 色々な自然災害で亡くなった方や被災した方への冒涜とすら感じます。

諸行無常っていう言葉がありますよね。
辞書から引用すると この世の万物は常に変化して、ほんのしばらくもとどまるものはないこと。人生の無常をいう仏教の根本的な考え。
この変化の中に自然災害というのもあって 私たちが抗えない変化なのかとも思います。過去の歴史を遡っても 干ばつや冷害 台風や地震 疫病 自然の起こす変化を止めることは 人間のちからではできません。
今回のこの 予言 ですが 信じるなら信じるで良いこともありますね。
それは防災 減災という備えができるということです。でもね これって明日の朝だけじゃなくて365日 同じことですよね。たまたま 日にちとお届け時間が指定されているだけなのが 今回の 予言 です。
毎日が大切な一日で 同じ一秒は二度とない。これに変わりはありません。
心配してくださったみなさん ありがとう。
でも 地震が来ても来なくても 私は通常モードなので大丈夫です。
それよりも どこであっても できる限り大きな災害で悲しむ人が少しでも減るようにと願っています。これは戦争 紛争などの人災も含めてですけど。
怯えて勿体なく時間を過ごすよりも 今の一秒 一分 一日を 楽しんで大切に過ごしてください。私もそうします。




人気ブログランキング

不思議な世界だなと思ったこと

a0990_000155.jpg

この前の『死霊館』以来 悪魔ってなんだ?っていう疑問が続いていて 知りたがりなので調べてみました。

もともと天使だったんだけど 神さまに反抗したので 神さまの世界を追放されて地獄を作った説と
人間の娘に恋をして結婚するために下界に降りたんだけど 生まれた子どもが巨人で 食べ物を食べまくって
人間が飢えちゃったので 罰として地獄に落とされた説と まあ諸説あったです。
どれも 時代が変わると少しずつ話が変わっていて 時代背景と共に解釈も変化したのかなと思いました。
今の世の中でいうなら 社長に反抗的な社員が左遷されたみたいなもんか というのが感想です。
堕天使と呼ばれる悪魔たちは 天使だったときの序列 階層をそのまま地獄でも適用しています。
いうたら別会社を設立したか 子会社みたいなもんかっていう感じですね。
こういう例えで気を悪くされた方がいらしたら申し訳ありません。
ただ 門外漢からすると こういう単純な捉え方になってしまいました。


悪魔憑きというのを認めて祓えるのは バチカン公認のエクソシストだけということなのですが 
ヨーロッパでのキリスト教 カソリックの考え方って どういうもんだろう? と また別の疑問が湧いてきました。
なんでかっていうと ナチスの人たちにも信仰心はあったはずだし それでも あんな風になんのかよ?っていう疑問です。

そこで出てきたのが 積極的キリスト教っていうものでした。
いわゆる原理主義ですね。
ヒトラーはどうも この原理主義者だったようです。
もともとの聖書の記述をユダヤ人が改ざんしたと かなり激しく息巻いていたとか。
これがホロコーストの ひとつの原因でもあるようです。

ヒトラーにも信仰心があったっていうことは 彼も悪魔の存在を信じていたと思うのですけど
生きたまま悪魔になった自分って どうしてわからんのだろう? と さらに不思議が増しただけでした。
善も過ぎれば悪になるんだろうというのか 行き過ぎるのは何にしてもいいことはないってことなのかな。

私には詳しい悪魔と神の概念はありませんが そういう世界観を持って育っていたなら 考え方は違っていたかも。
宗教観って難しい問題ですが 世の中の動きというのか 人の思想や政治にも 大きい影響を与えるのは間違いないですね。

これもあくまで諸説のなかのひとつですが 白=善 黒=悪 という単純な構図が 人種差別の根源という話もあります。
要は白人以外 有色人種は劣等であって穢れている という思想ですね。
これは あながち間違ってはいないのかなと個人的には思ったりします。
イメージが持ちやすいことと 明らかに自分は善であるし正しいと 肌の色だけで認識できますから。
積極的にキリスト教の布教を世界的に行った背景も この優劣思想があってのことという説もあります。
私は学者ではないので 本当のことまではたどり着いてはいません。
なので あくまでも 悪魔 っていうものの背景が知りたかったのと そこから派生していく多くの問題があることを知った
それだけのことでした。

光と闇っていうのも対比として頻繁に使われますが 以前に書いたように私は闇が好きなんですよ。
真っ暗な闇は私にとっては安息の世界です。
一日中 真昼間で明るかったら疲れちゃいますよね。
毎日 今みたいに晴れた日ばっかりでも干からびちゃうし。
雷が鳴って雨が降る日もだいじだし。
神と悪魔はセットであるなら 物事ってバランスがだいじってことに自分の中では落ち着けておくことにします。

めっちょ どうでもいい話でしたが メモ代わりに残しておきます。



人気ブログランキング









8月19日から9月17日まで アニマルメディスン占い

gatag-00004479.jpg






8月19日から9月17日まで アニマルメディスン占い


〇 お誕生日を数秘術の要領で 西暦からバラバラに足してください。
例 1965年5月10日生まれの場合
1+9+6+5+5+1=27 これを一桁になるように足します 2+7=9
11 22 33 の方はそのままで。
自分の数字に当てはまる動物で 占っていきます。
占いの主旨は あなたに力をかしてくれるトーテムは何で どう助けるのか? です。
運勢を占い訳ではないので 良い悪いという結果ではないので つまらないかもですが
良かったら読んでみてください。

1 オオカミ 
2 バッファロー 
3 イヌ  
4 クーガー
5 イタチ
6 コヨーテ
7 アナグマ
8 シカ  
9 クマ  
11 イーグル 
22 クロヒョウ 
33 レイヨウ


1.オオカミ  今月のアシスト コウモリ

毎日のように耳にする 新しい生活様式 という言葉がありますね。オオカミさんにとっては まさに 新しい 何かにシフトする時期にきているようですよ。これは生活様式とか形式ばったことだけではなく 自分自身の価値観 自己評価そのものを変えるような大きな変化を求められるものです。そんなオオカミさんたちへの後押しに コウモリがやってきています。今までの経験や知識を持ったまま 新しい活かし方を考えてみてください。同じ結果を求めるのに変わりはありませんが 道筋を変える必要があります。そのためには 今までどおりではなく 新しい自分の中の可能性を外に出すことが必要です。勇気を持って洞窟から飛び立とうと コウモリは背中をおしてくれますよ。新しい世界を拡げるチャンスです。

2 .バッファロー 今月のアシスト  アルマジロ
   
バッファローさんたちにとって 何某かの選択を迫られることがありそうな時期です。何かを選ぶということは 同時に何かを捨てる 若しくは後回しにする という取捨選択をすることですよね。ただ どれも大切なものだからこそ 守ろうとするのもバッファローさんたちの責任感です。そんな難しい時期だからこそ アルマジロがフォローにやってきます。捨てるのか取っておくのかじゃなくて 優先順位をしっかりつけようよ アルマジロはそう提案してきます。今すぐにじゃなくても支障がないことは 無期延期にしてもいいし 気持ちが乗らなくても すぐに片づけてしまわないと 後々 大事につながることもありますよね。アルマジロと一緒に 自分の中を整理して選択の優先順位を確かめてくださいね。問題は大きくなることは ありません。

3.イヌ    今月のアシスト  トカゲ

いつも一生懸命なワンコさんたちにとっても 様々な制約が課せられるこの時期は息苦しいものですね。何をどうしたらいい?そういった明確な指針が示されないことが ワンコさんにとっては 苦痛の種かもしれません。決まり事をきちんと守ることが ワンコさんにとって 心を安定させるためには必要なのです。そんなワンコさんにトカゲがアシストにやってきます。少し心を自由に遊ばせてみたらどう? そんなアドバイスを送ってくれます。自由に外出したり人と触れあえないご時世ですが トカゲは心の中だけは自由でいられるよと教えてくれます。もともと やさしく豊かな想像力を持つワンコさんたちなので 一度 自分のビジョンの世界を体感すると その楽しさを十分に味わえるでしょう。心を自由に遊ばせてくださいね。

4.クーガー  今月のアシスト  ネズミ

いよいよクーガーさんのストレスも マックスに達してしまいそうですね。あまりにも情報が多すぎることと そのどれが正しいものなのかを精査するための 一番大切な根拠が示されないことが どうやらストレスの大本のようです。そんなクーガーさんに ネズミがアシストにやってきます。全部を見て判断しようとするから 何がなんだか分からなくなっちゃうんだよ!と ネズミは教えてくれるでしょう。クーガーさんにとって いちばん身近で重要な問題についてのみ きちんと精査して納得していけば ストレスは大幅に軽減されそうです。その中で何と何が紐づけされていて 関連しているのかにも気づくことができるでしょう。正しいジャッジができれば 心も落ち着きますよ。

5. イタチ     今月のアシスト  スカンク

いつも自分の縄張りを きっちり守るイタチさんですが どうも弱気になりがちな時期かもしれません。今までの守ってきたものが 本当に自分の縄張りだったのかな?もしかしたら そう思ってただけなのかな? そんなふうに自信を失いそうです。そんなイタチさんたちに スカンクがアドバイスにやってきます。もっとしっかり自分を出しなよ! きみらしさって何かを思い出してみて? そんな問いかけをしてくるでしょう。イタチさんたちは 今までもしっかり自分の匂いや足跡を 残し続けてきているはずです。一旦 立ち止まって残してきた自分の痕跡を確かめてみるのもいいかもしれません。どれだけ頑張ってきたのか 自分を認められれば 自信は勝手にしまい込んでいただけと気づけますよ。


6.コヨーテ  今月のアシスト   ビーバー

もともと単独行動がお好みな コヨーテさんが多いかもしれませんね。自分の興味のままに行動したいので 誰かに合わせるとか共同作業をするのは苦手と感じるのではないでしょうか。そんなコヨーテさんに この時期は敢えてビーバーがアシストにやってきます。きみにだって 誰かに助けて欲しいなって思うことがあるでしょ? そんなとき どうして助けてくれないの?って 誰よりも悲しんでるのもコヨーテくんだよね? ビーバーはそう諭してくるでしょう。なぜビーバーがそんなことを言うのかですが 本当はコヨーテさんからのヘルプ要請を待っている友だちが すぐ近くにいるからなのです。ほんの少しだけ自分の人間関係に興味を絞ってみてください。今まで思っていたより 愛されていると気づけますよ。


7.アナグマ   今月のアシスト  カラス

どんな状況でも楽しみを見出せるアナグマさんたちですが こんなに閉塞的な状況のなかでも 更に楽しめる兆しをみつけることができそうです。カラスはその兆しを運んできてくれるでしょう。それは ほんのささやかな楽しみかもしれませんが 日常の中では欠かせない大切なことになりそうです。まったく新しい何かを導入するという変化ではなく 今まであるものの使い方を変えたり ほんの少し機能を追加してみるなど アナグマさんの楽しみのなかで起きてくるでしょう。この変化を起こすことから 新しいワクワクが始まります。ただポジティブなだけではなく アナグマさんが楽しくなるためには根拠が必要です。その根拠になるものを カラスは運んできてくれるでしょう。

8.シカ    今月のアシスト   イタチ

この時期はバンビさんたちにとっても 忍耐の季節のようですね。ずっと自分を律してきた精神力も いささか限界かもしれません。そんなバンビさんには イタチがアシストにやってきます。みんなが何を言っても 何をしていてもだけどバンビが納得してればいいじゃん とイタチはアドバイスしています。周りからしたら気にし過ぎ ナーバスと受け取られることもあるかもしれませんが バンビさん自身が安心して納得できるのであればいいよ とイタチは教えてくれるでしょう。逆に自分はこれでいい!と思って行動することが 誰かに影響を与えてしまう可能性があるなら それは自分のテリトリーの中だけに止めてねとイタチは伝えてきます。自分のテリトリーの設定をどうするのかが バンビさんの課題になりそうです。

9.クマ    今月のアシスト    サケ

いろいろ動き出しているクマさんたちですが さらに自分の行動半径(あくまでも心の鼓動範囲ですが)を さらに拡げていく季節がやってきたようです。そんなクマさんたちのアシストに サケがやってきます。サケたちは自分が生まれた川を思い出してみて? そう問いかけてくるでしょう。そこでは生まれたばかりの稚魚の自分を発見できます。そして 川を遡上してきた古い自分は既にいません。この時期 サケは原点に戻って生まれなおそうと誘っています。本当はこういうことをしたかったとか 子どもの頃に思っていた自分とは違う。そう感じるクマさんほど この生まれ直しは大切なものです。方法はなんであれ 自分の原点に立ち戻ることで さらに豊かなビジョンを得ることができますよ。


11.イーグル  今月のアシスト  コウモリ

自由に飛ぶこともままならないのが今の時期ですが 飛ばないのか 飛べなくなったのか? どっちなの? そんな問いかけをコウモリが持ってアシストにやってきます。飛び方を気にしたり 飛ぼうとしてもネガティブなもので 羽が汚れてしまって飛べなくなっていたり 理由はそれぞれあるかもしれません。でも コウモリは それも思い込みだよ と笑い飛ばすでしょう。なぜならネズミである彼らですら 自由に舞うことができるからです。勘の鋭いイーグルさんだけに様々なことを感じ取ってしまう分 それを取り込みすぎて自らに重りをつけてしまいがちなのも この時期なのです。すべてを受け取らず 本当に必要なインスピレーションだけを受け取るように 少しの間 心をおちつけてください。


22.クロヒョウ 今月のアシスト  ムース

新しいことがありそうなようでいて その中に本物をみつけられずにイライラするクロヒョウさんも少なくないのでは?せっかくのチャレンジを台無しにされるのは 本当に苦痛ですよね。そんなクロヒョウさんに ムースがアシストにやってきます。自分の仲間だけ 大切な人たちにとってだけ 価値があるチャレンジをみつけてみるのはどうかな?とアドバイスしています。クロヒョウさんの開く新しい扉は 本来は自分を成長させるためのチャレンジと勇気です。それを 周りの大切な人たちのために使ってみたらどうかな? とムースは伝えていいます。何をどうしたら よりみんなで快適に過ごせるか?これが開くべき新しいドアだよと教えています。周りの人たちのために 開けるドアを みつけてくださいね。その強い力は猛獣であるからこそ 備わっています。

33.レイヨウ 今月のアシスト   ワニ

閉塞的な状況のなかで どうも細かいことに目も気持ちも向きがちな時期かもしれませんね。もともと繊細で献身的なレイヨウさんたちにとっては ひとつ悲しいニュースが聞こえてくれば そこを中心にして時を過ごしてしまうことにもなりがちです。ただ 世の中で起きている出来事は そのひとつだけではないよ とワニは教えにやってきます。もちろん悲しいことや悲惨な出来事は できれば無い方がいいに決まっています。ただ 起きたことを掘り下げていけば ただ悲惨なだけ悲しいだけではなく 良いもの は何かを伝えるための反面教師になります。ワニは物事の一面だけを切り取らず 全体像と その流れを見据えてとアドバイスしています。繊細なレイヨウさんにはつらいと感じることも少なくはないですが その反面には楽しさや喜びが隠れていることを知ってくださいね。





人気ブログランキング

人が生み出すもの

blog_import_506559f97a1f8.jpeg

お盆も終わりましたね。

先日 『死霊館』っていうホラー映画を 真夜中にテレビで観ていました。
海外のホラーを視て いつも思うのが悪魔の不思議さ。
この映画でも人間の霊魂のふりをして 悪魔は人に近づくみたいなことを言ってたです。
悪魔に対するものは神ですよね。
だから 信仰的な問題というのか視点から生み出されたものが 悪魔 というイメージなのかと思ったり。

例えばですけど 私がスケッチブックにヘタクソな悪魔の絵を描いて それに名前までつけたとします。
その瞬間に それは実像を持つというのか イメージとして動き出す そんなことなのではないかなと考えたりしました。
逆に言えば 良いものをイメージして形を作ったり描いたりすれば それはそれでイメージとしての実態を持つということですね。

日本人は宗教が苦手といいますね。
そういう私も特定の宗教を持つわけではなく あくまでもフリーな立場でのアニミズムであり修験道です。
それでも 例えば自分の死後について どんなところに行くのかな? とか どういう感じになるんだろう?とか
想像してみたりはします。
実際に肉体を失くすって どういう感覚なのかは なってみないことにはわからないですし。

よく 死んだらすべては無になる っていう考えを聞くこともあります。
それはそれでアリなのですけど まあこの世を去ってみなければ分からないことでもありますね。
死後の世界の風景や体感って 生きてるときに何を思っていたのかで 個々に違うのではないかと思ったりしました。
単純に天国とか極楽って言っても そのイメージは人それぞれですし それこそビジョンの世界ですよね。
それならば 豊かなビジョンを持って この世を去る方がいいなと考えています。
お花畑があって~ 三途の川を渡って~とか ものすごく日本人っぽいのが私はいいですねw
無に帰す と考えるのも悪くはないですが 一応 その後というのか 次の展開というのはイメージを持っている方が
楽しいのではないかと思います。

『死霊館』の話から遠くなりましたが 悪魔 っていう存在を自分の中に作り上げてしまったら
自分がこの世を去るときに恨みつらみが残っていれば 生前のビジョンのままに悪魔化するんじゃないのかな。
結局 自分の中に気づかずに飼っていた悪魔に 自分をゆだねるだけなのかもしれません。
まあまあ イメージの世界って 何になるのも自由なわけですし。
もし 悪魔にお経を唱えてみても あんまり響くとも思えないのは 根本 対峙すべき存在と考え方が違うからなのかな。
教義というのが絡んでいて 考え方自体が違っていたりすると 難しいのかもしれないですね。

まあまあ どうでもいい話でした。





人気ブログランキング

カワウソのはなし (音声です)

otter-441962_1280.jpg


カワウソのはなし
     ↑
音声動画に飛びます

ちなみに声が 小さいですw
すみませんでした



人気ブログランキング

なんで べあぱう なのか

a0950_000280.jpg


もう何十年も使ってきた 眠り熊の洞窟から べあぱう へとブログのタイトルを変更しました。
パウっていうのは肉球のことで ベアパウっていうとクマの掌のことです。

日本では 猫の手も借りたいっていいますよね。
現実的な忙しさには対応できませんが ちょっと行き詰ったり 困ったりしたとき ぜひクマの掌 べあぱうを借りてくださいw
そんな思いを込めての変更でした。




人気ブログランキング

そろそろ目が覚めてきたので

1210396044-grizzly-210996_1920-R69R-480x320-MM-100.jpg


数十年ぶりにブログのタイトルを変えてみました。
ヒマなんです。



にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

お盆ですね。

12_taraku.gif

こういった行事担当の私にとっては しんどくて ものすごく疲弊します。
お盆は特に毎年 しんどいです。
なんでだか そういう担当になってしまっているので仕方ないんですけどね。

ここ数年は ご先祖からのクレームもなく まあまあ穏やかだったのですけど
今年はなんかやってると 知らない人が混ざってるのに気がつきました。
要は親族以外っていう 他人ですねw

近所を見てもお盆行事をやっている おうちは少ないですし 行くとこないのかあ…って改めて思いました。
うちの近所にはマンションは少ないですが そういう事情で出来ない おうちもありますしね。

今年は人間の帰省は少ないけど あの世からの帰省は多かったように思います。
明日 しっかりお見送りせねばです。
がんばろう…。




人気ブログランキング

カワウソとジェンダー

SH3J00970001.jpg


カワウソの話をするにあたって 今でいうジェンダーについて ひとつの前提を説明しておく必要があるかなと思って書いておきます。

カワウソは 女性性 というメディスンです。
でも 男性でもカワウソを トーテムに持つ人は当然ながらいるわけです。
人によっては どうして? というふうに訊かれる方もいらっしゃるので 敢えて説明しておきます。

これは どの生き物も同じと考えられていますが ひとつの命のなかには 男性性と女性性 両方が存在しています。
身体の性別とはまったく違う 内面のものです。
私たちは見た目の性別にとらわれがちですが 単純に与えられたものが肉体であったわけで
内面の性を そのまま示すものではない ということです。
内面の性というのは また複雑なもので 本当に個々に違っていて当然というのが前提です。
今はLGBTQAのようにカテゴライズされていますが 本来はみんなが すべての要素を持っているんですよね。
ただ この 性 については 嗜好というものがついてきます。
要は好みということですが 性に嗜好を持つのはイルカと人間だけという説もあります。
この 嗜好 の部分だけをクローズアップして語る女性性と カワウソの持つ女性性は まったく別のものと思ってください。
むしろ 人間という生き物が どう自分以外の存在を愛するのか? そういう点で働くメディスンです。

このカワウソが中心に働いている人は 身体の性別が男であれ女であれ 懐の深い愛情を持っています。
やさしさってひと言で表しても いろいろな やさしさ がありますよね?
そのなかの 母性 という部分での やさしさ です。

母性は肉体の性別に関係なく 誰もが持っているものだし 逆に父性についても同じことが言えるということです。

こういう前提があってのカワウソの話として考えてくださると ありがたいです。







開運カウンセリングランキング




ついでに精神世界と現実についての私見を書いておきます。

2019050611170200.jpg


私はスピリチュアリストでも霊能者でもありませんし 前回も書きましたがシャーマンでもメディスンマンでもありません。
ただの 日本人で自分のビジョンを体現するために生きています。

だから 世の中のスピリチュアルやら自己啓発 目新しい宗教には興味はありません。
宗教は修験道だけで充分ですから。

精神世界って自由なものかと思っています。
それ自体が その人のビジョンなわけなので。
だからなのですけど 誰かの受け売りとか セミナーでこう言われたとか そういったことに価値を見出しません。
ひとりひとり 自分のビジョンがあってこそ 本当の精神世界に触れることができると思っています。

自分のビジョンを知るためにあるのが アニマルメディスンであり ビジョンクエストタロットです。
ビジョンにたどり着くまでには 自分のなかに色々な風景を見たり 過去の出来事をさかのぼって昇華することもあります。
自分を知らないと本当のビジョンには出会えない そんなふうに思ってセッションをしています。

難しいことじゃないんですよ。ただ 自分につて知ること それだけです。
難しい儀式や大枚をはたいた学びはありません。
その代わり じっくり時間をかけて 本物のビジョンと出会う必要があります。
急ぐことではなくて その人にとってのタイミングに そういった機会が訪れると思います。

誰かの受け売りや思想 それは果たして正しいのでしょうか?
あなたが あなたの中にみつけるビジョン以上に 正しい答えはないのではないかと私は思っています。

もう古い事件ですが オウム真理教事件を思い出してください。
教祖のビジョンを鵜呑みにして 洗脳された結果が たくさんの人のしあわせを奪いました。
精神世界 スピリチュアル 宗教。
どれも 自分の基盤がなければ ただの操り人形にしかなれませんよ。

コロナ禍のなか またそういったものがはびこってきました。
どうぞ ご自身の中で精査してください。
本当に この現実をより善く生きるために必要なのはなんなのか?

そのうえで 選ばれるのであれば 内容がどうであっても納得がいくことでしょう。

それでも私は あなたに自分のビジョン 人生のテーマをみつけて欲しいと願っています。
それはガイドが居れば 集団にならなくてもできることなんですよ。
それが生き方に直結する基盤になりますから。







人気ブログランキング

次回予告 カワウソだよ~。

SH3J0042.jpg


やさしくて面倒見の良いお姉さん。
人の話に耳を傾けて うんうんって聞いてくれる。
でも 答えは知っていても けして教えてはくれないのもカワウソです。

水辺のカウンセラーさんみたいな存在ですね。


カワウソには 女性性 というメディスンがあります。
私たちは肉体の性別とは別に 精神的には男性性 女性性の両方を持っています。
その中の女性性と理解してください。
だから カワウソをトーテムに持つ 男性ももちろんいます。

ビジョンクエストと交えながら 次回はお話しようと思っています。

また ぼそぼそ喋りますw





開運カウンセリングランキング

少し自分の話でも書こうかな。

gahag-0032154756-1.jpg

もうコロナが長すぎちゃって どこにも行かないで本ばっかり読んでる日々ですが
昨日 少し辛らつなことを書いたような気がするので 今回は少し自分について書いてみようと思います。

先日のブログで コロナ禍に乗じた宗教の勧誘や ある一点だけの方向性を示すスピリチュアルについて
私なり苦言を呈する文章を掲載しました。
これは 確かに こういったことに関わる人にとっては 大変 不愉快な文章だったと思っています。

敢えて 人様の商売であったり 思想に口出しするのは 私はオウム事件をリアルタイムで見た世代だからです。

世の中ってある程度 成熟すればしたで 何か不安な要素があればあったで こういったことは繰り返し表面に出てきます。
そして こういったものに惹かれてしまうのは 私みたいにいい加減な人間ではなく 真面目に物事を考える人たちです。

先のオウムの事件には 高学歴でエリートと呼ばれた人たちが ものすごく多く関わっていました。
自分のやっていることの意味ってなんだろう? こんな人生に価値があるのか? そんなふうに真面目に考えるからこそ
目に見えない世界 精神世界に傾倒していくとも思っています。

修行をしたい そいういう気持ちでオウムに入信された方も多かったと聞きます。
私みたいないい加減な人間にとっては 日々を生きること この寿命をまっとうすることこそ 修行なんですけどね…。
日常から逃避したい 別の世界に飛び込んでみれば 自分は変わるのではないか? そんな気持ちにもなるのでしょう。

私は正法眼蔵読書会というコミュニティーの管理人をしています。
かといって座禅をするのかと言われれば まったくやりませんし できません。
でも 例えば丁寧にお粥を炊くことを 繰り返し続けているのは 座って座禅を組むのと同じなんですよ。
お粥には その時の自分が そのまま反映されます。
出来栄えによって その時の自分の心の形や在り方がわかります。

まあまあ 現在に至るまでのとっかかりとして インディアンのじいちゃんと暮らした期間がありました。
そこでしてきたことも この粥を炊くことと ほぼ同じだったと思います。
薪を割る 掃除をする たまに毛布を持って森に行って自分を知る そんな繰り返しです。
だから 私はシャーマンでもなけれメディスンマンでもないし お坊さんでも正しいブッディストでもありません。

じゃあ お前はなんなんだよ?っていうことになりますが ただ 自分の生き方をみつけて それを日々続けるだけの人です。
なんでまた こんなふうになったのか?といえば 私がまともな感覚で生きていこうとするなら この基盤をしっかり整える必要があったから というのが理由です。

今でこそ霊能者とか スピリチュアルカウンセラーとか 華々しい肩書がありますが 生まれつき そういう世界に片足を突っ込んでいて もっと違う生き方を選ぼうとすれば 毎度のことながら死にそうな痛い目を見ます。
なので 静かに今まで自分が知ったストーリーを伝えていくことと クライアントさん個人が行く先をみつけるための手伝い
その方のストーリーを一緒に探すというところに落ち着いています。
だから カウンセリングなんですよw 

ここまでに至る間には いろいろな団体や個人を見てきました。
自己啓発 スピリチュアル 霊能 宗教なんかですね。
自分がどこにも属せない 属さないものだということも 身に染みて分かっています。
私は私のビジョンで生きていくしかない これが結論なんですよ。
だから それ以上にも それ以下にもなりません。

どこかで自分のビジョンがぶれたとき 私はたぶん生きていく術を失うとも思っています。

私の仕事は クライアントさんが自分のビジョンに出会うための道案内です。
それが クマの役割なので。

こんな不安定な世の中だからこそ 本当に自分の生き方の芯である 自分自身のビジョンを持って欲しいと思うし
こんなに情報が溢れかえった世の中だからこそ 流されない 人のビジョンに自分を重ねないこと。
これが とても大切なことだと痛感しています。

まあ これは先日の辛らつなブログの言い訳ですが こんなことを考えながら 仕事をしているやつだとお見知りおきくだされば
ありがたいです。





人気ブログランキング

スカンクのはなし

SH3J00410001.jpg


スカンクのはなし

   ↑
音声動画に飛びます

少しスカンクについて補足しておきます。
スカンクには段階を踏んだ自己主張という意味があります。
イヤなことを我慢せず そういうの苦手なんですよって 段階を踏んで主張します。
それはなぜなのか? というと 無益な争いを避けるため。

野生でケンカになれば お互いの命にかかわります。
そういった事態を避けるためにも こっちにこないでね ぼくはここにいますよ から  え?きちゃうの?臭い出すよ?
それでも近寄ってしまうなら 強烈なに臭いで相手を遠ざけます。
ケンカをしたいとか 揉めたいわけじゃないんです。
ちゃんと自己主張をして 相手と自分の距離感を保つための主張なんです。

白と黒のツートンの毛皮は目立ちますが これも遠くから相手に認識させるため と考えられています。
もし スカンクのメディスンが上手く働いていないとき 悪目立ちをする 自分の主張だけを押し通そうとする。
こういった ただの自己顕示になります。
これはある意味 周囲を遠ざけることには成功するでしょうが 結果として孤立を招きます。
今の時代だと SNSでのトラブルなんかに わりと直結するものかなと思います。




人気ブログランキング

お久しぶりです。

月山 2013 10 15

しばらく 冬眠しておりましたが そろそろなんかしないとな~っていうことで 明日は久しぶりに スカンクの話をしてみようと思っています。

まあ いろいろ曖昧な政府の動きで 世の中は大混乱ですね。
自分がこんなに 無責任な国に住んでいるとは 思ったこともなかったですけどねw
やってることは ブラジルと同じで ちょっと体裁を整えた程度なのかな?
私も半年ほど どこにも出かけていません。
町内でお買い物する程度です。

暑さにきわめて弱いので もうブログ書くのもネタもないし なにかしらの きっかけがないと書けないですw

ひとつ 今日 すごく思ったことを スカンクの話の前に書いておこうと思いました。

私はあんまり人とつるむタイプの人間ではありませんのです。
なので 副業のお誘いとか ビジネスチャンス系のお誘いは 須らくお断りしています。
まあ 友だちがいないので マルチみたいなことはできないですしね。
昨今 そういう系のお誘いも増えたので 改めて書きますが そういったものに興味も理解もありません。
ついでを言うのであれば よくわからない投資にも まったく関心がありません。
まあ 元手もないですけどねw

このコロナ禍のご時世で まだアセンション的なことを 広めている人がいると知って驚愕しました。
脳が覚醒していれば 次元上昇できて 世の中はする人としない人の二極化が訪れるとか。

私はしないでいいです派なので 特に興味もありませんし こういったスピリチュアルには懐疑的なのは変わりません。
次元自体も次元大介しかしりませんし。

この不安定な世の中で 何よりも必要なのは 自分がどう生きたいのか? それしかないんじゃないかな。
この どう生きたいのか? が よく私が使う 自分のビジョン というやつです。
これは他人にみつけるものではないですし 自分が何を感じるか その中でしか見い出せないオリジナルなものです。
誰かがブログにこう書いていたから真実なんだ そう受け取るのであれば まだ自分のビジョンはみつかっていません。
単純なことなんですよ。別に小難しい儀式は必要ありません。

あなたが感じ取ることのなかにこそ この本当のビジョンは存在しています。

じゃあ お前のビジョンはなんだよ? 言ってみ? って話になりますよね。
私のビジョンは この生をいかに豊かに生きて終わるか? です。
それは経済的な面での豊かさではなく  人間っていう生き物としての生を果たす というこれだけです。
この中には他人に対して誠実であること 道を誤らない 驕らないことも含まれます。
生きて猫たちにごはんを食べさせ 母親を養い 穏やかな生活を送ること。
他人と争わないこと。このすべてが私のクマのビジョンなんです。

これをやり続ける人生であれば 次元上昇もいらないし しないままで私にできることをすればいい訳ですから。

自分の次元を上げるという現象が実在するのであれば 上がらない人もいて世の中は二極化する。
そうであるなら 上がらなくて結構。
今 この生きている世界で 自分ができることを精一杯やること。
それだけで充分だし 二極化というのは究極な優生思想かとも思います。
優れた人と 劣った人。こういった構図で二極化すると解釈します。
これって今のBLM運動と同じでは?
白人と黒人の二極化。奴隷にした側とされた側。
社会的な構造が白人中心にできあがっていて 弾かれた黒人は とても生き難い世の中で苦しみます。
二極化っていうのは結局は 序列のある世界で 優位なものと劣位なものとして存在するか
善と悪という形になるのではないでしょうか?
アセンションしない というのであれば した人は優であり しなかった人は劣っているということですよね?
そんなものが精神世界なのであれば そこにはまさに白人が優位に生きていくための社会構造と同じものが生まれはしないのですか?
まあ スピリチュアリストではない私が 首を突っ込む話題でもないのですけど どうぞご自身でしっかりと
様々な情報を精査して欲しいなと思っています。

これって最近だとBLM運動が まさに二極化ですよね。
白人と黒人 明確な二極化です。
もっと広げるのであれば 白人対カラードの問題です。

そんな世の中 果たしてしあわせなんですかね?

しあわせだとか 自分が体感することを変えたいのであれば 自分の物の見方 人への接し方を変えるだけで充分ですよね?
コロナ禍に乗じた宗教の勧誘や こういったスピリチュアルの罠は また増えだしたようです。

こういうものに気持ちが揺れるのも理解できますが まずは あなた自身のビジョンを明確にしてください。
あなた個人のビジョンは他人の言葉や思想によって 作られるものではありません。
日常の何気ない場面で 感じ取ることのなかに存在しています。

どうぞ 高い授業料を払ってまで 他人のビジョンを買わないでください。
それは その人の思想であって あなた個人のものにはなりえません。
宗教の教義でさえ 正しく理解できている人が いったいどれくらいいますか?

あなたは あなたの脚で あなたの人生を生きることが 何より大切な人生の時間かと思います。
上手く行くこともあれば そうでないこともあります。
でも それが生きるっていうことと 私は理解しています。
いいことにシフトする したいのであれば 自分を変えれば良いだけの話なんですよ。
お金をはらってまで教えを乞う必要は まったくないと思ってます。

どうか あなたの大切な限りある人生の時間を 他人の思想 言葉 誘惑で無駄にしないでください。
命の時間には限りがあります。
それを より良いものにするには まずは自分の脚で立つことと 今のしあわせを認めることだと思っています。

コロナ禍は まだ出口が見えませんよね。
だからこそ 今は丁寧に自分を生きるしか方法がありません。
急がず慌てず 状況に逆らわず この激しい流れの川を泳いでいくしかないですよね。

スカンクの話とはかけ離れた内容になりましたが 明日はちゃんと話をしますね。








オラクルカードランキング
プロフィール

きたがわらん

Author:きたがわらん






🐻アニマルメディスンカウンセラーの北川らんです。
悩みや不安への答えは、必ず自分の心の中にあるはず。
アニマルメディスンとビジョンクエストタロットを使って、問題解決のための道案内を致します。あなたの人生のオリジナルなストーリーを 一緒にみつけていきます。

著書に「アニマルメディスンブック」があります。(じゃこめてい出版)


対面によるセッション 電話 LINE メールでご利用いただけます。
夢の解読もメール 電話 LINEで承っております。通話でもテキストチャットでもOKです。
メールフォームより お気軽にお問合せ下さい。

対面でのセッションの際 都内までは交通費は頂いておりません。
ご送金の際にかかります手数料は お客さまのご負担でお願いしております。
電話は携帯からもご利用いただけます。


●LINEでちょこっと相談 LLINEチャットで短いご相談を承ります。ちょこっとなので 一回につき案件はひとつとさせて頂きます。月極で回数無制限の場合は メールセッション一往復に準じて3000円 一回限りの単発の場合は1000円とさせて頂きます。 


●アニマルメディスンによるカウンセリング
対面の場合は 時間無制限でワンセッション2万円です。


●対面でのセッション カウンセリング
時間制限なしで ワンセッション 10000円です。
メールフォームよりお問合せください。

●電話 LINE メッセンジャーでのセッション
30分3000円 それ以降は10分ごとに千円の課金となります。

●メールでのセッション 
1往復      3000円
2往復ワンセット 4000円
2往復の場合は結果についての疑問のフォローや別の案件などにもご利用頂けます。
ご用命の際にお申し付けください。

●トーテミズム アニマルメディスン インディアンの文化のベーシックなお話
継続した講座ではなく あくまで基礎の部分のお話です。120分程度のお時間を想定してください。LINE zoom メッセンジャーでご利用いただけます。画像が不要の場合は音声だけでも可能です。
120分 12000円

カウンセラー 占い師など同業種の方のスーパーバイズ プロとしてアニマルメディスンについて学びたい 仕事として活かしたい方は別メニューになりますのでHPかメールフォームよりお問い合わせください。

あとは 何か答えが欲しい訳ではないけど とりあえず話したら気が済む 溜め込み過ぎて吐き出してしまいたいなど 使い方は自由です。メールフォームよりお問い合わせください。
鑑定同様 守秘義務がございますので 安心してご利用ください。


●特定商取引法に基づく表記●
1.販売価格(税込表記)

2.送料並びに購入に付帯する費用

ご送金頂く際の 手数料のご負担をお願いしております。
その他 対面の際の場所代に関しましては 折半でお願いします。
(カラオケボックスのお部屋代などです)


3.代金の支払い時期並びにその方法
●対面セッション 終了時に現金決済
●オンライン 通話 メールセッション ご利用後3日以内に口座にご入金ください。
ご希望の時間分のご利用料金をご入金ください。


メールセッションは納品後のお支払いになります。

ご利用後 3日を超えるご予定の場合 ご相談の際にお申し付け下さい。
ゆうちょ銀行 横浜信用金庫 いずれかの口座にご入金頂いただ形になります。

ご決済の期限を過ぎる場合 決済日を再び変更したいなどの場合は
お手数ですが その都度 ご予定をお知らせくださいませ。
お客様のご都合を優先させていただきます。
お客さまとの信頼関係を大切に考えて参りますので この点だけはお守り頂けたらと思っております。

4.商品の引き渡し時期
●対面 電話 オンラインの場合 お客様のご予約に合せ即日
メールセッションの場合 受注より48時間以内
長期不在の場合などは 納品時期をお問い合わせの時点で
予めお知らせ致します。

5.返品に関わる条件
商品の性質上 返品不可となります。
ご容赦下さい。

責任者氏名 北川らん
所在地 横浜市中区
その他詳細はメールフォームよりお問い合わせの際に おしらせ致します。



※記事の無断転載 転用は禁止です。

トーテムおみくじ
アニマルのおみくじです。
トーテムおみくじ
内容

Script by YnP
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
べあぱう
ランキング参加中

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
545位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
99位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

アクセス解析

この人とブロともになる

あしあと