FC2ブログ

虹の戦士のおはなし(北西海岸田舎バージョン)

blog_import_50655cb444293.jpeg

お互いを尊重しあえない人がいるんだなあ そんな出来事がありました。
共存するって 自分に相手をあわせさせることじゃないよね?
人間には 慢心 とか 傲慢 そんな 弱い気持ちがあるからこそ 本当の意味で相手を尊重できないんだろうと思ったり。
私も気をつけないといけないなと 改めて肝に銘じようと思います。

この 虹の戦士 については 様々な話と諸説あります。
口承なので もし 虹の戦士についてご存じの方がいらしたら ぜんぜん違うじゃんって思われるかもしれませんが
西海岸のど田舎の ひとりのおじいちゃんが語った 虹の戦士のおはなしのひとつと 聞き流してください。

〇虹の戦士のお話

白い肌の人たちが インディアンの土地にやってくる ずっとまえのお話です。

おばあちゃんは子どもたちと 焚火を囲んで寝る前のお話を始めました。

なあ おまえたち。 今のわたしらの暮らしは ずっとこのまま続いていくと思うかい?

子どもたちは みんな首をかしげています。

しばらく考えたあと ひとりの男の子が おばあちゃんに訊ねました。

ねえ? おばあちゃん。 今みたいに暮らせなくなるときが いつかくるものなの?

そうだねえ。たとえば 海のなかのことを わたしもおまえたちは どれくらい知ってると思う?
おばあちゃんは 答えの代わりに こう質問しました。

ある女の子は こんなふうに答えます。

海のなかには魚やくじらがいるわ。あと海藻や貝も。私たちとはちがう国なのよね?
ちがう国だから 息が苦しくなったり おぼれたりするのかしら?

おばあちゃんは だまって うなづいています。
他の子どもたちも そうだねえ 魚の国のことはしらないよねえ と相槌を打ちます。


おばあちゃんは こんな話を始めました。

それじゃあ もし 魚たちが陸に上がって わたしらの国をさかなの国のようにしたら おまえたちもわたしも このままでは生きられないよなあ。
でもな 魚やくじらたちは けしてそんなことはしないよ。
おたがいに 今の暮らしを大切にできるからさ。
じゃあ もし ほかにわたしたのような人が暮らしていてるとしたら?
その人たちは わたしらや魚や動物たちの暮らしを おなじように大切にしてくれるかね?

子どもたちは黙ってしまいます。
ほかの人間? まったく想像もつきませんでした。
でも 遠く離れた砂漠や草原にも 同じようにインディアンは暮らしています。
もしかしたら もっと知らない人間が この世界にはいるのかもしれない。
子どもたちの話し合いは そんなふうに進んでいきました。

そして もし その知らない人間たちが おそろしい人たちだったら。
そこで 子どもたちは また黙ってしまいます。

そこで おばあちゃんは こんな話をします。

そうだねえ。同じインディアンにも 善いひとも悪いひともいる。
もちろん おまえたちがおとなになったとき 善いひとになるとも限らないねえ。
それは おまえたち次第で決まることなんだよ。
だから 今 この世のどこかで暮らしている人間たちが みんな善いひとだとは限らないだろ?
善くないものは 育つのも早いのさ。すぐに世のなかは 悪いものに染まってしまう。
おばあちゃんのおそろしい話に 子どもたちは泣き出してしまいました。

おやおや。おどかしすぎたようだね。 ごめんよ。
おばあちゃんは やさしく笑っています。
じゃあ おまえたちに だいじなことを教えておこうかね。

昨日のゆうがた 空に虹がかかるのを見ただろ?
いろいろな色が仲良く並んでる虹を おまえたちのこころにかけるのさ。
それが消えなければ どんなことが起きても 必ず善いこころを持ち続けられるんだよ。
そして 魚の国も動物たちも わたしらの暮らしも 守っていく虹の戦士になれるのさ。
男の子も女の子もね。

それには守らなければいけないことが4つあるんだ。
ひとつは わたしら年寄りが こうしておまえたちに伝えたことを忘れないこと。
ふたつめは 目には見えないものを大切に感じること。精霊や神さまを感じることだよ。
みっつめは おまえたちから数えて 七代先の子どもたちのことを考えて 毎日を暮らすこと。
よっつめは わたしらひとりひとりは この世の一部で この世はすべてわたしらの中にあることを忘れずに暮らすことさ。

この4つの約束を守れるなら 平和を守る虹の戦士には誰でもなれるんだよ。

ひとりの女の子が訊ねます。
おばあちゃんも虹の戦士なの? うちのお父さんも? お母さんも?

おばあちゃんは笑って だから おまえたちは こうして暮らしているのさ と答えました。




人気ブログランキング
スポンサーサイト



comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

きたがわらん

Author:きたがわらん






🐻アニマルメディスンカウンセラーの北川らんです。
悩みや不安への答えは、必ず自分の心の中にあるはず。
アニマルメディスンとビジョンクエストタロットを使って、問題解決のための道案内を致します。あなたの人生のオリジナルなストーリーを 一緒にみつけていきます。

著書に「アニマルメディスンブック」があります。(じゃこめてい出版)


対面によるセッション 電話 LINE メールでご利用いただけます。
夢の解読もメール 電話 LINEで承っております。通話でもテキストチャットでもOKです。
メールフォームより お気軽にお問合せ下さい。

対面でのセッションの際 都内までは交通費は頂いておりません。
ご送金の際にかかります手数料は お客さまのご負担でお願いしております。
電話は携帯からもご利用いただけます。


●LINEでちょこっと相談 LLINEチャットで短いご相談を承ります。ちょこっとなので 一回につき案件はひとつとさせて頂きます。月極で回数無制限の場合は メールセッション一往復に準じて3000円 一回限りの単発の場合は1000円とさせて頂きます。 


●アニマルメディスンによるカウンセリング
対面の場合は 時間無制限でワンセッション2万円です。


●対面でのセッション カウンセリング
時間制限なしで ワンセッション 10000円です。
メールフォームよりお問合せください。

●電話 LINE メッセンジャーでのセッション
30分3000円 それ以降は10分ごとに千円の課金となります。

●メールでのセッション 
1往復      3000円
2往復ワンセット 4000円
2往復の場合は結果についての疑問のフォローや別の案件などにもご利用頂けます。
ご用命の際にお申し付けください。

●トーテミズム アニマルメディスン インディアンの文化のベーシックなお話
継続した講座ではなく あくまで基礎の部分のお話です。120分程度のお時間を想定してください。LINE zoom メッセンジャーでご利用いただけます。画像が不要の場合は音声だけでも可能です。
120分 12000円

カウンセラー 占い師など同業種の方のスーパーバイズ プロとしてアニマルメディスンについて学びたい 仕事として活かしたい方は別メニューになりますのでHPかメールフォームよりお問い合わせください。

あとは 何か答えが欲しい訳ではないけど とりあえず話したら気が済む 溜め込み過ぎて吐き出してしまいたいなど 使い方は自由です。メールフォームよりお問い合わせください。
鑑定同様 守秘義務がございますので 安心してご利用ください。


●特定商取引法に基づく表記●
1.販売価格(税込表記)

2.送料並びに購入に付帯する費用

ご送金頂く際の 手数料のご負担をお願いしております。
その他 対面の際の場所代に関しましては 折半でお願いします。
(カラオケボックスのお部屋代などです)


3.代金の支払い時期並びにその方法
●対面セッション 終了時に現金決済
●オンライン 通話 メールセッション ご利用後3日以内に口座にご入金ください。
ご希望の時間分のご利用料金をご入金ください。


メールセッションは納品後のお支払いになります。

ご利用後 3日を超えるご予定の場合 ご相談の際にお申し付け下さい。
ゆうちょ銀行 横浜信用金庫 いずれかの口座にご入金頂いただ形になります。

ご決済の期限を過ぎる場合 決済日を再び変更したいなどの場合は
お手数ですが その都度 ご予定をお知らせくださいませ。
お客様のご都合を優先させていただきます。
お客さまとの信頼関係を大切に考えて参りますので この点だけはお守り頂けたらと思っております。

4.商品の引き渡し時期
●対面 電話 オンラインの場合 お客様のご予約に合せ即日
メールセッションの場合 受注より48時間以内
長期不在の場合などは 納品時期をお問い合わせの時点で
予めお知らせ致します。

5.返品に関わる条件
商品の性質上 返品不可となります。
ご容赦下さい。

責任者氏名 北川らん
所在地 横浜市中区
その他詳細はメールフォームよりお問い合わせの際に おしらせ致します。



※記事の無断転載 転用は禁止です。

トーテムおみくじ
アニマルのおみくじです。
トーテムおみくじ
内容

Script by YnP
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
べあぱう
ランキング参加中

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
522位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
91位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

アクセス解析

この人とブロともになる

あしあと