FC2ブログ

怖れるものの正体

a0960_000568.jpg

読書メモです。

この章のタイトルは 二グロと精神病理学 です。
でも 私はお医者さんではないので 病理 という言葉を使わず 病理の元であるであろう 恐怖 を見出しにしました。

前の章でお気づきだと思いますが この本の著者は黒人男性です。
そして 自分自身の皮膚の色 それを見る者の視線によって  白人ではない自分 に嫌悪と恐怖を感じています。
彼自身が精神科の医師としての自分を取り戻して 恐怖の正体と対峙したのが この章かもしれません。

もちろん著者は当事者として 黒人の抱える人種の問題を取り上げています。
でも 誤解して欲しくない点です。 それは差別する側である 白人の意識を変えることではない そう結論を出します。
黒人が黒人であることを怖れること 黒い皮膚を否定すること 白人として振る舞おうとすること。
これは 黒人側が解決すべき問題だと考えています。
いくつか 実際の症例を挙げて説明されていますが 神経症と診断された黒人の患者さんたちの中には
黒人である自分への恐怖と嫌悪が見出されています。

私は以前 闇が好きだと書いたことがありました。
真っ暗な闇は 私にとっては安息だと。

この著者の高校の恩師である方も 学問で挫折したときに心を病み 故郷である植民地の島に帰ります。
パリに出て白人の中に身を置けば イヤでも自分が黒人であり それは蔑まれるには充分な理由になることを知ったんですね。
後に この方は詩人になりますが この黒人である自分への憎しみを受け入れ 一度 真っ暗な穴の中に落ちた と書きました。
そして そこからまた 空に向けて上がっていくと結んでいます。

どうして闇や暗い穴の話なのかというと 黒 という色は 人に罪や悪 猥褻さや悪魔などを 思い起こさせる物なんだそうです。
例えば 悪魔 ってイメージして?って言われたとき 黒っぽい物を思い起こすとか 単純な刷り込みです。
黒人にとっての黒い皮膚は 自分でも気づかない間に 自分を呪うものになっていたんですね。
でも それはあくまでも 白は清純であって正しいことを 証明するための対比でしかないんですよ。
神さまがいるよっていうのを正当化するためには 悪魔もいなくちゃ成り立たないのと同じです。
正義を主張したいときには そこに悪が必要ってことですね。
本来の黒は すべてを受け入れて安息を与えるもの 黒はなにも拒まない そう思っていた私には腑に落ちる話でした。
逆に言えば 私は白ではいられない人間なんだと思います。
真っ白って ほんの少しの汚れも許さないじゃないですかw とてもじゃないけど そんな清廉な生き方はできません。
むしろ 甘えがあるから 黒の世界が好きなんだとも思っています。

もうひとつ この本が書かれた50年以上昔でも 人種差別を扱う本はヒットしたそうです。
でも このテーマの本を誰が読むのか?って言えば白人です。
白人目線で書かれた 人種差別は良くないよね? そういうのやめようね? そんなことに酔うというのか…。
そうかと思えば 子供向けの映画では 黒人のボーイスカウトが白人の子どもを自分たちの村に案内したとき
このでっかい釜はね ぼくたちの先祖が白人を茹でたときに使ってたんだよ って説明するような物があったり。
それでも著者は 過去に食べてたけど 今はそんなことしない に進化したと書いていました。
もう 既に人食い人種ではない 少なくとも そう認識は変わったと。
でも それでいいんかい! と 私が怒っても仕方ないんですけどね…。
だいぶ昔に ルーツ という映画がヒットしましたね。
アフリカから二カウさんっていう現地の人を都会に連れてきて 文明を見せるみたいなものでした。
私は悪趣味な映画だなと思っていましたが それと あんまり変わらない気がします。

では すべての白人や別の有色人種が 黒人を 人間 として見ることができないのか? ということになりますが
著者は ひとりの例を挙げています。
子どものころから黒人の友だちがいた白人の男性は 相手が何人で何色であっても気にしない。
それになんの問題があるの? と答えたといいます。

8歳くらいまでの体験で こういった価値観が作られるとも書いています。
そして その後に思春期を迎えるころになると 人間は性に目覚めてきますよね。
白人が黒人を蔑むとき 性的な意味合いを含むことが多々あります。
これは 男性も女性も共通ですが 女性の場合は逆に性的な嗜好として黒人のパートナーを好む場合もあると。
それは 彼らが黒人を 獣 と見なしているからだと著者はいいます。
この黒人を好む女性の場合は ある意味でのマゾヒズムであるとも。
男性は容姿や身体能力の差から 性的な部分での嫉妬があるという調査もなされていました。
要は自分にはない 生命力や躍動感 そういったものから 同性としての妬みが生まれたようですね。
嫉妬するっていうことは ホントはかっこいじゃんって 思ってたってことですよね。
ここにも 腐ったプライドがありますね。

こういった調査をしたり まとめたりしていくうちに 著者自身も自分が何を怖れ 否定してきたのかに気づきます。
もう 仮面を必要としなくなるときが やっときたのかと正直ホッとしました。
この後に まだ黒人の認知 そして著者自身の認知が残っているので まだ どう帰結するのか分かりませんが…。

この章にも何度も書かれているのは 白人が望む黒人に わざわざなってあげていること。
愛想よく笑って お人よしに振る舞って 自虐してみせる。
これが 心を病む原因であり 白人社会に受け入れられるための仮面 白人の望む黒人が本当の仮面なのかなと思ったりします。

皮膚の色や出自がどうであれ 私は考えることを止めず 自分を生きたい そう願う人が やっぱり好きです。


人気ブログランキング
スポンサーサイト



comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

きたがわらん

Author:きたがわらん






🐻アニマルメディスンカウンセラーの北川らんです。
悩みや不安への答えは、必ず自分の心の中にあるはず。
アニマルメディスンとビジョンクエストタロットを使って、問題解決のための道案内を致します。あなたの人生のオリジナルなストーリーを 一緒にみつけていきます。

著書に「アニマルメディスンブック」があります。(じゃこめてい出版)


対面によるセッション 電話 LINE メールでご利用いただけます。
夢の解読もメール 電話 LINEで承っております。通話でもテキストチャットでもOKです。
メールフォームより お気軽にお問合せ下さい。

対面でのセッションの際 都内までは交通費は頂いておりません。
ご送金の際にかかります手数料は お客さまのご負担でお願いしております。
電話は携帯からもご利用いただけます。


●LINEでちょこっと相談 LLINEチャットで短いご相談を承ります。ちょこっとなので 一回につき案件はひとつとさせて頂きます。月極で回数無制限の場合は メールセッション一往復に準じて3000円 一回限りの単発の場合は1000円とさせて頂きます。 


●アニマルメディスンによるカウンセリング
対面の場合は 時間無制限でワンセッション2万円です。


●対面でのセッション カウンセリング
時間制限なしで ワンセッション 10000円です。
メールフォームよりお問合せください。

●電話 LINE メッセンジャーでのセッション
30分3000円 それ以降は10分ごとに千円の課金となります。

●メールでのセッション 
1往復      3000円
2往復ワンセット 4000円
2往復の場合は結果についての疑問のフォローや別の案件などにもご利用頂けます。
ご用命の際にお申し付けください。

●トーテミズム アニマルメディスン インディアンの文化のベーシックなお話
継続した講座ではなく あくまで基礎の部分のお話です。120分程度のお時間を想定してください。LINE zoom メッセンジャーでご利用いただけます。画像が不要の場合は音声だけでも可能です。
120分 12000円

カウンセラー 占い師など同業種の方のスーパーバイズ プロとしてアニマルメディスンについて学びたい 仕事として活かしたい方は別メニューになりますのでHPかメールフォームよりお問い合わせください。

あとは 何か答えが欲しい訳ではないけど とりあえず話したら気が済む 溜め込み過ぎて吐き出してしまいたいなど 使い方は自由です。メールフォームよりお問い合わせください。
鑑定同様 守秘義務がございますので 安心してご利用ください。


●特定商取引法に基づく表記●
1.販売価格(税込表記)

2.送料並びに購入に付帯する費用

ご送金頂く際の 手数料のご負担をお願いしております。
その他 対面の際の場所代に関しましては 折半でお願いします。
(カラオケボックスのお部屋代などです)


3.代金の支払い時期並びにその方法
●対面セッション 終了時に現金決済
●オンライン 通話 メールセッション ご利用後3日以内に口座にご入金ください。
ご希望の時間分のご利用料金をご入金ください。


メールセッションは納品後のお支払いになります。

ご利用後 3日を超えるご予定の場合 ご相談の際にお申し付け下さい。
ゆうちょ銀行 横浜信用金庫 いずれかの口座にご入金頂いただ形になります。

ご決済の期限を過ぎる場合 決済日を再び変更したいなどの場合は
お手数ですが その都度 ご予定をお知らせくださいませ。
お客様のご都合を優先させていただきます。
お客さまとの信頼関係を大切に考えて参りますので この点だけはお守り頂けたらと思っております。

4.商品の引き渡し時期
●対面 電話 オンラインの場合 お客様のご予約に合せ即日
メールセッションの場合 受注より48時間以内
長期不在の場合などは 納品時期をお問い合わせの時点で
予めお知らせ致します。

5.返品に関わる条件
商品の性質上 返品不可となります。
ご容赦下さい。

責任者氏名 北川らん
所在地 横浜市中区
その他詳細はメールフォームよりお問い合わせの際に おしらせ致します。



※記事の無断転載 転用は禁止です。

トーテムおみくじ
アニマルのおみくじです。
トーテムおみくじ
内容

Script by YnP
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
べあぱう
ランキング参加中

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
578位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
106位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

アクセス解析

この人とブロともになる

あしあと